ここから本文です

インテル、ついにFFPに屈する? EURO王者10番の獲得が難航か

フットボールチャンネル 8/20(土) 19:00配信

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、スポルティングCPのポルトガル代表MFジョアン・マリオの獲得交渉が難航していることから別の選手へターゲットを変更する可能性があるようだ。19日にイタリアの『カルチョメルカート.com』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 J・マリオの交渉が予想以上に難航しているようだ。その交渉を妨げる真の問題となっているのは、インテルがスポルティングCPに支払う4500万ユーロ(約51億円)の支払方法だとみられている。

 欧州サッカー連盟(UEFA)は、ファイナンシャルフェアプレー(FFP)制度によりインテルを牽制しているようだ。ポルトガル紙『レコルド』は、UEFAが買い取り義務付けの期限付き移籍による取引を好ましい取引だとみなしていないと報じている。

 これによりインテルは、万一の場合に備え、そして高額を要求するスポルティングCPにプレッシャーをかけるためにも、代役として理想的であるニューカッスルに所属するMFムサ・シッソコの代理人と話し合いを行った。シッソコの移籍金は、J・マリオのそれよりも明らかに低い。インテルはシッソコの取引でも複数年の分割払いで獲得しようと現在模索中だと報じられている。

 しかし、どちらにせよFFPを回避するには選手の売却が必至であることには変わらない。そこで、犠牲者として特定されているクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチの売却に向けて本腰を入れたと報じられている。

 今夏これまで順調に補強を進めて来たインテル。しかし、ここに来て選手の売却という新たな壁にぶつかってしまったようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/20(土) 21:23

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。