ここから本文です

ベンテケ、C・パレス加入初日にSNSで移籍先を間違え謝罪

フットボールチャンネル 8/20(土) 22:03配信

 ベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケは20日、リバプールからクリスタル・パレスへの移籍が決まりSNSの情報も一新した。そこであってはならないミスを犯してしまい、話題となっている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 リバプールではユルゲン・クロップ監督の信頼をつかめず、クリスタル・パレスに新天地を求めたベンテケ。自らの移籍が決まった直後、ツイッターのプロフィール画像や自己紹介文を新たなものに変更した。

 しかし、自己紹介に書かれていた所属クラブの名前は「バーンリー」だった。移籍が決まったばかりにもかかわらず、いきなり自分のクラブを間違えるのは前代未聞だ。

 これに気づいたベンテケはすぐにツイッターの自己紹介文を正しいものに変更し、「おっと、僕が悪かった(笑)。契約したのはクリスタル・パレスで、バーンリーじゃないね。ちょっとしたミスだが、申し訳ない。僕のアカウントを管理している人が少し混乱してしまった」と釈明を投稿している。

 公式な数字ではないが、ベルギー代表の巨漢FWは英紙『ガーディアン』などの報道では移籍金2700万ポンド(約35億円)でクリスタル・パレスに迎えられた。4年という契約年数からもわかる通りクラブから特大の期待を寄せられている。最初のつまづきに影響されず、アストン・ビラ時代のような活躍を見せられるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:8/20(土) 22:19

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。