ここから本文です

ミハイロビッチ監督、古巣ミランに失望も「リベンジは求めていない」

フットボールチャンネル 8/20(土) 23:07配信

 現地時間21日にセリエA開幕戦を迎えるトリノのシニシャ・ミハイロビッチ監督が記者会見に臨み、対戦相手の古巣ミランへの思いを語った。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

【動画】伊紙を魅了 ミラン本田の真骨頂、“多彩な美技”

 昨季チャンピオンズリーグ出場権獲得を期待されてミランに迎えられたミハイロビッチ監督だったが、序盤から勢いに乗れず第32節のユベントス戦を最後に解任された。チームはその時の6位から順位を一つ下げ、最終的に7位でシーズンで終えている。

 そして今季、ミハイロビッチ監督はトリノの指揮官に就任して開幕戦でいきなり古巣ミランと激突する。運命的な一戦と注目される中、記者会見では「サン・シーロでミランと対峙するのは常に複雑だが、我々はイニシアチブを握りにいく」と強気な姿勢を強調した。

「私はミランに対してリベンジを求めているわけではない。シーズンの最後まで指揮できずミランに失望していることは明らかだが、皆には愛情を持って敬意を表したい」

 クラブへの苦い思いを語ったミハイロビッチ監督だが、試合自体に特別な思いはないという。「結果は保証できないが、最大限の努力を約束しよう。重要なのはいいスタートを切ることだ」と、開幕戦という大事なゲームでの勝利だけを意識している。

 解任された指揮官の後を継いだクリスティアン・ブロッキ監督もチームを立て直せず、すでにミランを去った。昨季はミランサポーターにとっても失望のシーズンであったことに変わりはないが、かつての監督をどんな反応で迎えるかにも注目が集まりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/20(土) 23:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。