ここから本文です

有村架純「女を忘れしっかりと役目を果たしたい」司馬遼太郎『関ケ原』が岡田准一、役所広司ら豪華キャストで実写映画化決定に反響続々

ダ・ヴィンチニュース 8/20(土) 15:00配信

 歴史小説の大御所・司馬遼太郎の名作『関ケ原』が、岡田准一、役所広司、有村架純といった豪華キャストで映画化され、2017年初秋に公開されることが発表された。これには「この小説大好き! 映画化楽しみだ」「天下分け目の戦いが映像で見られるのか!! 歴史好きとしてはたまらん!」「司馬遼太郎の傑作にこの豪華キャスト…こんな贅沢があっていいのだろうか」と喜びに満ちた声が上がっている。

 『関ケ原』は、司馬の多くの著作の中でも『国盗り物語』『新史 太閤記』と並ぶ「戦国三部作」として知られる傑作だ。秀吉の死後、豊臣家の安泰を守るべく立ち上がった石田三成と、傾き始めた豊臣政権を滅ぼし天下を取ろうと目論む徳川家康の戦いが描かれている。西暦1600年、石田三成側の西軍と家康率いる東軍がぶつかり合い、日本国内史上最大の闘い“天下分け目の関ケ原”が繰り広げられた。優勢と見られていた石田三成はどのように戦い、そして負けたのか、隠されていた真実が明らかとなる――。

 歴史上最大の合戦を迫力の筆致で描いた同作は話題を呼び、累計発行部数は580万部を超えるベストセラーを記録。また1981年には、昭和の名優・森繁久弥、加藤剛を主演に迎えテレビドラマ化され、大好評を博した。

 同作の読者からは「これまで読んだ司馬遼太郎作品の中でも最高作ではと思える傑作!」「あまりにも有名な合戦、もちろん結末はわかっているのに手に汗握る緊張感が漲っている!!」「この作品を読んで石田三成のファンになった! 壮大な歴史のロマンに心打たれる、歴史小説界の宝だ!」「徳川家康の老獪な政略、石田三成と直江兼続の壮大な戦略、その他諸大名の活躍に胸が熱くなった!」と熱い絶賛の声が溢れた。

 そしてこの度、同作にとって初めての映画化が決定したのだが、制作陣と出演陣がまた熱い。監督を務める原田眞人は映画「突入せよ!『あさま山荘』事件」や「クライマーズ・ハイ」、「日本のいちばん長い日」など骨太な内容の大作を生み出し、多くの映画ファンを魅了してきた人物。その原田が25年も前から同作の映画化を熱望していたというから、思い入れは並ではない。

 さらに石田三成役をNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」で官兵衛役を熱演し、視聴者から「武将役が半端なく似合う!」「歴史ドラマに求められる重厚な雰囲気をまとっている」と絶大な信頼を受けたV6の岡田准一が務める。そして徳川家康役は、「わが母の記」「日本のいちばん長い日」と、原田監督と数多くの作品でタッグを組んできた名優・役所広司に決定。さらに原作で重要な役どころとなる、石田三成を愛し続け、石田のために命をかける忍び・初芽役を、時代劇は初出演という有村架純が務める。

 この発表には「石田三成ですと!? ファンとしては絶対に見たい! しかも岡田君が演じるとか最高~!」「司馬作品の映画化っていうだけで最高なのにこのキャストはあがる~」「あの傑作、関ケ原が映画化!? 原田監督作品好き&司馬遼太郎ファンとしてはヨダレの出る企画ですな!!」と歓喜の渦が巻き起こった。

 撮影は8月半ばからおよそ2カ月あまりかけて、滋賀や京都などを中心に行われ、国宝級の歴史的建造物を舞台に撮影されるという。さらに日本史上最大の合戦の迫力を出すために、3000人規模のエキストラを動員しての撮影も予定されているというから、同作に対する制作陣の熱量の凄まじさが感じられる。

 石田役を演じる岡田は出演に際し、「歴史好きとして、本来の人物像に近いであろう『石田三成』を演じることができ嬉しく思います。原田眞人監督のもと役所広司さん、有村架純さんを始めとするキャストの皆様、スタッフの皆様と全力で撮影に挑みたいと思います」とコメント。

 また初芽を演じる有村は初の時代劇出演について「言葉や所作、アクション、一から覚える事がたくさんありますが出演されるキャストの方々のお芝居を見て勉強しながら、その時代を生きた人物として、石田三成の腰元として女を忘れしっかりと役目を果たしたいなと思います」とフレッシュな意気込みを語っている。さらに家康役の役所は「信長、秀吉など、数々の戦国武将の成功と失敗を間近に見て学んできた家康が、人生最大の大博打『関ケ原の戦い』に挑み、勝利するまでの心の動き、今からワクワクしています」と撮影への期待に胸を膨らませているようだ。

 そして監督の原田は「司馬遼太郎文学の素晴らしさは『正義の信奉者』のもたらすマイナス面も活写し、石田三成を偶像視していないところです。三成と敵対する徳川家康のリアリストの悪しき面と魅力も同時に捕えています。私の中にも60%の三成と、40%の家康が共存しています。そこに、『関ケ原』を作る意義がある、と痛切に感じています」と本作にかける熱い思いを語っている。

 熱狂的なファンを持つ司馬遼太郎の傑作『関ケ原』と、人気と実力を兼ね備えた制作陣の情熱によって、一体どんな映画が生まれるのか。原作を読み返し、天下分け目の大合戦という歴史ロマンに思いを馳せつつ公開を待とう!

■映画「関ケ原」
公開:2017年初秋
原作:司馬遼太郎
監督・脚本:原田眞人
出演:岡田准一、役所広司、有村架純

最終更新:8/20(土) 15:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)