ここから本文です

【仙台】主将とルーキーの物語。富田晋伍と小島雅也が築く理想的な上下関係

SOCCER DIGEST Web 8/20(土) 7:00配信

「失点に絡んだ悔しさをピッチで挽回してほしい」(渡邉監督)

[J1・第2ステージ8節]仙台 4-2 柏 8月13日/ユアスタ
 
 15分にCKからハモン・ロペスがゴール。その4分後にはウイルソンが追加点を叩き込んだ。開始20分で仙台が2-0とリード。試合前の予想と違う柏の4-1-4-1に苦しめられたものの、アンカーに入った大谷秀和に蓋をすることで、主導権を握りかけていた。
 
 しかし、29分に潮目が大きく変わる。柏の大谷が負傷により交代。秋野央樹が投入されると、布陣を4-4-2に変更された。これによって流れは徐々に柏に傾く。さらにその展開を助長したのが、露骨なまでの弱点狙いだった。
 
 仙台の左SBに入ったのは、今季、ユースからトップチームへと昇格した小島雅也。本職は右SBだ。リーグ戦初出場で初スタメンという重圧はもとより、馴れないポジションに適応しようと四苦八苦していた。柏にそこを狙い打たれた。
 
 クリスティアーノと伊東純也にボールを集められ、左CBの渡部博文やボランチの富田晋伍がフォローに回らざるを得なくなった。すると、そのカバーに他の選手が入らなければならず、各所でズレが起きた。32分、そうした隙を突かれてPKを与えてしまい、失点を喫する。ハーフタイムを挟んだ52分にも突破を許して、同点ゴールを被弾した。
 
「チームに迷惑を掛けてばかりだった。やりたいプレーを全然できず、点数をつけるなら30点もいかない。伊東選手の速さとクリスティアーノ選手の強さに圧倒されてしまった。相手のプレーを警戒し過ぎて、自分を出せなかった。緊張はありませんでしたが、ちょっとビビっちゃったのかもしれない。
 
 先輩たちからも何回か厳しい言葉を投げ掛けられました。ヒロさん(渡部)には『もっと強く寄せろ!』と怒鳴られましたし、(大岩)一貴さんにも『お前のサイドが狙われてるぞ。もっと強くいけよ!』と。確かに寄せが甘くて、相手をフリーと同じ状態にしてしまっているシーンも多かった」(小島)
 
 不完全燃焼のまま、小島は60分でピッチを後にしている。だが、“懲罰交代”かと言えばそれは違う。結果的に穴となってしまったものの、渡邉晋監督は試合後の会見で「失点に絡んだことが交代の原因ではない」と否定。同時に、できるだけ小島を引っ張った理由を明かした。
 
「もしかしたら(小島を)早めに交代しなかったことで、3失点目を喫したかもしれない。でも、まずは失点に絡んだ悔しさをピッチで挽回してほしいと思った。ただ、残念ながら本人が『足を攣った』と言ってきたので。
 
 代わりに左SBに入った(藤村)慶太が素晴らしい仕事をしてくれて、チームにとっては確かにプラスになりました。それでも、長い目で彼(小島)の成長を考えれば、『ああいう不甲斐ないプレーをしてしまった後にどう立て直せるのか』『メンタルをどう回復するのか』を見てみたかった。
 
 (交代の際に)難しい顔をして帰ってきたし、本人は今日の結果に対して、すごく悔しいでしょう。それを持って、次節以降に進んでほしい。今回のゲームでへこたれることなく、休み明けから元気に練習に顔を出してくれることを願っている」

1/2ページ

最終更新:8/20(土) 14:33

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。