ここから本文です

PKか!? 主審の笛ならず動きが止まった隙に… 鹿島が鈴木優磨の一発で連勝!

SOCCER DIGEST Web 8/20(土) 21:47配信

CKからの競り合いで鈴木が倒されるも…。

[第2ステージ9節]鹿島 1-0 湘南 8月20日/カシマ

 第2ステージで調子の上がらなかった鹿島が、終盤の決勝点で湘南に辛勝。2連勝とした。

 立ち上がりからボールを支配し、攻め込んだ鹿島だが、湘南GKタンドウ・ベラピの好守に阻まれ、ゴールを割ることができない。一方の湘南も単発のカウンターとセットプレーに攻撃は限られてなかなかフィニッシュに持ち込めず、スコアレスのまま前半を終了する。

 後半に入っても、ともにゴールネットを揺らせないまま時間が経過。しかし80分、ついに均衡が破れる。CKを獲得した鹿島は、柴崎からのクロスを鈴木優磨がファーサイドで受けると、湘南の高山と接触。鈴木が後ろから倒されたようにも見え、両チームともに主審の方向を見たが、笛は吹かれず。

「ファウルだと思ったが、笛が鳴らなかったので…」という鈴木は、エリア内でのこの一瞬の隙を見逃さずに素早く立ち上がって左足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。

 結局、この1点が決勝ゴールとなり、鹿島が連勝を飾った。鹿島は、第2ステージで9位に順位を上げ、年間勝点では2位の浦和に3ポイント差と食い下がっている。

最終更新:8/20(土) 21:47

SOCCER DIGEST Web