ここから本文です

欅坂46、“ホーム”で記念ライブ!平手「いい思い出に」

Smartザテレビジョン 8/21(日) 0:00配信

'15年8月21日に「乃木坂46」に続く坂道シリーズ第2弾として誕生した「欅坂46」は、ことしの8月21日(日)に結成1周年を迎える。その記念すべき結成日の前日、デビュー1年目の最終日となる20日、グループ名の由来である六本木ヒルズ“けやき坂”にある「六本木ヒルズアリーナ」でライブを行った。この模様は今秋、CSテレ朝チャンネル1にて放送される。

【写真を見る】平手友梨奈が全身全霊のパフォーマンスで魅了

欅坂46は、1stシングル「サイレントマジョリティー」が、初週約26.2万枚を売り上げ、オリコンウイークリーチャート1位を獲得し、女性アーティストのデビューシングル初週売上としても、歴代1位記録を樹立。

さらに先日リリースされたばかりの2ndシングル「世界には愛しかない」も、初週32.3万枚の売り上げでオリコン週間シングルランキング1位を獲得するなど、今、最も勢いのあるアイドルだ。

開演前には「いつか自分たちのアーティスト名の由来である“けやき坂”でライブをするのが夢だった」と話していたメンバー。

欅坂46の1周年を飾る特別なライブを見るために集まった多くのファンが見守る中、今泉佑唯(ゆい)と小林由依(ゆい)からなるユニット“ゆいちゃんず”の「渋谷川」で、今回のライブの幕が開く。どこか昭和歌謡を思わせるようなメロディーの同曲を、2人が弾き語りで歌い上げた。

歌い終わると、2人は「欅坂46!」とコールし、フルメンバーがステージに上がると、ファンが大きな声援をもって迎え入れる。ライブの直前から降り注いだ強い雨も、新曲「世界には愛しかない」を彼女たちが歌い出すと、うそのように雨が上がり始める。

センター・平手友梨奈のせりふから始まる、デビュー曲とはまた一味違ったメロディーラインが特徴的な同曲に、六本木ヒルズアリーナに集まった観客は大歓声で応える。

最初のMCでは、平手が「皆さんこんばんは。不安定な天候の中、ありがとうございます!」とあいさつ。「続きのMCは菅井友香に託します!」という平手の言葉から、その後のMCは全て菅井が仕切ることに。菅井はメンバーを見渡し、軽妙な語り口で個々のメンバーの「夏休みの思い出」などを聞き出した。

そして3曲目には「手を繋いで帰ろうか」を披露。同曲ではメンバー同士でクルクル回ったり、かわいらしい振りだったり、間奏には菅井とメンバー屈指の“釣り師”守屋茜の寸劇めいたやりとりが繰り広げられるなど、個性的なパフォーマンスが展開された。

4曲目には、志田愛佳、菅井、守屋、渡辺梨加、渡邉理佐の5人によるユニットが歌う「青空が違う」。グループ屈指の人気メンバーかつ美人系のメンバーがそろっているユニットながら、彼女たちがキュートさ強めの振りで、かわいらしく歌い踊る姿に、ファンはもう“萌え死”寸前だ。

ちなみにまだユニット名は決まっていないらしく、菅井&志田が「ユニット名も募集しています!」とファンに投げ掛けた。

続いてのMCで、菅井に夏休みの思い出を聞かれた長濱ねるは「私は夏と言えば花火なんだけど、ことしはまだ全然なかった。でも、この前名古屋で握手会をやったときに、帰りのバスからちょっと花火が見えてすごく良かった」とほんわかとした口調で語ると、メンバー一同も「見えた! きれいだった!」と盛り上がる。

続いて「一番ダンスが激しい曲となっていまして、『サイレントマジョリティー』に続く格好いい曲第2弾となっています! みんなダンスもすごく頑張ったので注目していただきたいです」とメンバーが口にする、ダンスナンバー「語るなら未来を」、そしてデビュー曲にして彼女たちの代表曲ともいえる名曲「サイレントマジョリティー」を惜しげもなく披露。

いつも以上にキレキレのダンスを見せた平手が、力強いパフォーマンスを終え「きょうは本当にありがとうございます! 私たちの2ndシングルが8月10日に発売されましたので、良かったらチェックしてみてください。以上、欅坂46でした! ありがとうございました」と語り、ステージを後にした。

その後、大勢のファンから「欅坂46!」というアンコールを受け、再び登場した欅坂46。

MCではオリンピックの話題などもありつつ、菅井は「明日(21日)から私たち欅坂46も2年生になるんですけど、もっとパフォーマンスとかMCとかも上手になって、単独ライブもやりたいよね。これからも21人でもっともっと頑張るので、皆さん応援よろしくお願いします! それではアンコールをいただいたので、もう1曲聴いていただいていいですか? 最後にこの曲を聴いてください!」と語り、再び「世界には愛しかない」を披露した。

最後まで熱く応援してくれたファンに向け、センターの平手はメンバーを代表し「明日(21日)で結成1周年を迎えます。本当にたくさんの事をすごいスピードで経験させていただきました。2年目では、これからも感謝の気持ちを忘れないように、坂を少しずつ上っていけるように頑張っていきたいと思います。精いっぱい頑張りますので、皆さん応援よろしくお願いします!」とファンへメッセージを送った。

そして、ライブ終了後、今泉は「私は1曲目(『渋谷川』)で登場させていただいたのですが、ファンの方のサイリウムがイルミネーションのようにきれいで涙が出ちゃいました」と振り返り、平手も「今まで野外ライブはたくさん経験させていただいてきましたが、きょうは今まで以上にお客さんが熱くて私たちもテンション高くライブができたので、すごくいい思い出になりました。ありがとうございました」と、充実ぶりを語った。

さらに「1周年という事でたくさんの曲をやらせていただいて、ほぼ初披露という曲も多かったので、放送では、そういうところをぜひ見ていただきたいです。また『語るなら未来を』という曲は『サイレントマジョリティー』のように格好良くて、ダンスもすごく激しいので、そこにも注目して見ていただければと思います」とアピールした。

最終更新:8/21(日) 14:06

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。