ここから本文です

神宿、メンバーカラーの甚平姿でキュートに歌い踊る

Smartザテレビジョン 8/21(日) 1:02配信

神宿が8月12日、東京・下北沢GARDENにてワンマンライブ「神が宿る場所~夏の甚平スペシャル~」「神が宿る場所~神宿なりのTIF後夜祭~」を開催した。

【写真を見る】神宿は来年のTIFへ向けて早くも意気込みを!

第一部の「夏の甚平スペシャル」は、それぞれのメンバーカラー・5色の甚平を着てのライブ、第二部の「神宿なりのTIF後夜祭」では、ことし初出場を果たした世界最大級のアイドルフェスティバル「TOKYO IDOL FESTIVAL2016」を振り返りながらのライブだ。

神宿にとってはおよそ2カ月ぶりのワンマンライブということで、平日にもかかわらず多くのファンが詰め掛けた。

第二部のMCのテーマは、「もしTIFのメインステージに立ったら歌いたい曲」。初めてのTIF出演ながら、2日目のスマイルガーデンではトリ前を務め、入場規制のかかったドールファクトリー、地上派生中継出演やコラボステージ、ファッションショー、グランドフィナーレへの参加など、大車輪の活躍だった神宿だが、初日のメインステージ争奪ライブに敗れ、グループとしてZepp Diver Cityのメインステージに立てなかったのが悔やまれる。

MCではメンバーそれぞれが、もし来年メインステージに立てたら歌いたい曲を1曲ずつ挙げた。関口なほは「なっぴぃー」コールで盛り上がる「原宿戦隊!神宿レンジャー」を、羽島みきは「いくよっ!」の掛け声とともにステージに駆け上がっていく「必殺!超神宿旋風」、小山ひなはサビにみんなで一斉にタオルを回す「Summer Dream」。

一ノ瀬みかは神宿の原点ともいえる「KMYD」、そして羽島めいは熱い歌詞が特徴で自身も毎日聴いているという「情熱は足りているか?」をそれぞれセレクトし、最後は羽島めいが「来年は絶対メインステージに立ちましょう!」と語り、締めくくった。

ここ最近、初主演映画「神宿スワン」の撮影に時間を取られ「ライブに飢えている」状態だったという神宿だが、この日のワンマンを皮切りに、「夏の三番勝負」と銘打つワンマンシリーズを開催。

第2弾は8月25日(木)の吉祥寺SEATA、第3弾は9月10日(土)の表参道グラウンドとなる。

さらには、9月28日(水)の恵比寿リキッドルームでの2周年ワンマンライブ「神が宿る場所~2周年!夢の扉をこじ開けるまで~」に向け、神宿の勢いはまだまだとどまるところを知らない。まさに“神風”が吹いている神宿の今後の活躍に、期待は高まるばかりだ。

最終更新:8/21(日) 14:06

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。