ここから本文です

リオ五輪の中国国旗間違い 大会委と中国政府に見解相違

NEWS ポストセブン 8/21(日) 7:00配信

 リオデジャネイロ五輪で当初、掲げられていた中国の国旗「五星紅旗」のデザインが間違っていたことが分かり、大会組織委は急きょ、国旗を作り直して、大会7日目の11日から正しい国旗が使われた。だが、違う国旗が使われたのは、もともと中国側から提出されていたデザインが間違っていたためだったという。

 中国側は間違った国旗について、「大会組織委が間違ったデザインをもとに、ブラジル国内の旗の製造会社に発注したことが原因」としているが、中国側が提出した、もともとのデザインが間違っており、さらに国旗ができた段階で、リオデジャネイロの中国大使館が確認を怠ったことについては、中国内では報道されていない。

 間違った国旗は5日の開会式で中国選手団の旗手を務めた雷声氏(フェンシング)が掲げて行進したのに加え、大会3日目までの表彰式で計8回掲揚された。

 ところが、中国内でテレビを通じて表彰式を見ていた政府関係者が国旗のデザインが違うのに気づき、中国側は外交ルートを通じて、組織委に修正を求める文書を送ったことで、国旗の間違いが明らかになった。

 中国の五星紅旗は文字通り、赤地の旗の左上に5つの黄色い星が置かれているが、そのデザインは左の角にある大きな星の中心を指すように、4つの小さな星の先端がそろえられているのが本来の姿。だが、問題の国旗では、4つの星の先端がすべて真上を向いていた。

 中国国旗のデザインには政治的に大きな意味があり、大きな星は中国共産党を、4つの小さな星は労働者、農民、知識階級、愛国的資本家という4つの階級の中国人民を象徴。国旗では4階級の中国人民すべてが党に従っていることを示しているのだが、間違った国旗では人民が党を無視していることになり、政治的にかなり都合が悪いデザインになってしまった。

 大会組織委の広報を務めるマリオ・アンドラーダ氏は「旗に問題があるというのは承知している。非常に小さな問題だ」とコメントしたが、中国共産党指導部にとっては「非常の小さな問題」ではなく、極めて重要な間違いだ。このため、ネット上は「最初に間違いを指摘した人物は党の最高幹部なのではないか」との声も寄せられており、中国当局が大きな問題ととらえていることを示している。

 このようなことから、北京在住のジャーナリストは「よりによって、もともと中国側から提出された国旗のデザインが間違っており、それも、大使館側が間違いに気付かなかったことが分かると、中国内でも大きな問題になるので、党内部で極秘扱いにされているようだ」と指摘している。

最終更新:8/21(日) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。