ここから本文です

中居と木村の関係悪化 森且行・工藤静香・倖田來未も影響か

NEWS ポストセブン 8/21(日) 7:00配信

 8月14日未明、全スポーツ紙の一面で「SMAP解散」が報じられた。今年の12月31日をもって、国民的アイドルSMAPが解散するというニュースは、ファンならずも日本中を驚かせた。

 1月のジャニーズ脱退報道以降、木村拓哉(43才)VS中居正広(43才)、稲垣吾郎(42才)、草なぎ剛(42才)、香取慎吾(39才)の溝が深まったのが、解散にまで追い込まれた原因ではないかと言われている。

 しかし、もともとSMAPメンバーのなかでの関係性は微妙なものだったと語る関係者も少なくない。特に、中居と木村の関係性については、冷戦状態とも言われていた。この2人の関係性悪化には、1996年5月の森且行の脱退も大きく影響した。

「歌唱力があり、ダンスの才能もあった森はグループでトップクラスの人気を誇り、センターを務めることも多かった。すぐ年下の彼が木村と中居に割って入ることで、グループのバランスが保たれているところがありました」(芸能関係者)

 1996年4月にスタートした初の冠番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)にビストロ・スマップのコーナーができたのも、森が料理上手だったからだ。中居は後に「その時にSMAPは解散すると思った」と話している。

「『年下のエース』が去ったことで、年長者2人と年下メンバー3人の距離が広がったような気がします。下の世代のメンバーは中居と木村のことを『上の2人』と呼ぶようになった」(前出・芸能関係者)

 年下3人はお互いの携帯電話番号を知り、連絡を取り合っていた。しかし、「上の2人」の番号は知らなかったり、気安く電話できる関係ではなかった。

 1998年に『夜空ノムコウ』が初のミリオンヒットを記録。SMAPは円熟期に入る。「存在するだけでかっこいい」木村の役割と自分は違うとわかっていた年下3人は、それぞれ個性を磨き、活躍の幅を広げていった。

 アイドルにしては大胆な女装キャラになりきった香取は「慎吾ママ」で大ブレーク、寝る間を惜しんで韓国語をマスターし、韓国に進出した草なぎは「チョナン・カン」として人気者に。稲垣は俳優として「金田一耕助シリーズ」(フジテレビ)に主演するなど、それぞれが一本立ちできる存在になっていた。

1/2ページ

最終更新:8/21(日) 7:35

NEWS ポストセブン