ここから本文です

「女の敵」キャラで輝く伊藤歩 企みを感じさせる表現力

NEWS ポストセブン 8/21(日) 7:00配信

 松嶋菜々子(42才)が主演で話題の『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)。松嶋にとって3年ぶりの連続ドラマ主演。保育園に息子を通わせながら広告代理店に復職したヒロインの仕事と子育てを両立させていく奮闘ぶりを描く。このドラマで注目を集めているのがベビーシッター役の伊藤歩(いとうあゆみ・36才)だ。異彩を放つ伊藤の演技について、テレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)に伊藤歩さんがヒロインの敵役(かたきやく)として登場すると知ったとき、「待ってました!」と思った人は多いのではないでしょうか。

 今回の役は、有能なベビーシッターとして吉良奈津子(松嶋菜々子)の信頼を得る一方、その裏で夫・小山浩太郎(原田泰造)を誘惑するという、まさに「女の敵」キャラ。吉良が息子のために作った料理を自作のオムライスに入れ替えて食べさせ、吉良の料理をホームレスに渡すシーンは衝撃を呼びました。

 このシーンを見て思い出したのは、『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)でのエキセントリックな演技。伊藤さんは同作で、笹本紗和(上戸彩)と不倫関係に陥る北野裕一郎(斎藤工)の年上妻・乃里子を演じていましたが、妊娠していると嘘をついたり、自殺未遂したりなど大暴れ。本来、不倫するヒロインのほうが悪いのに、「乃里子が嫌な女すぎる」と紗和を応援する声がほとんどでした。

 伊藤さんは、『結婚しない』(フジテレビ系)でも、ヒロイン・田中千春(菅野美穂)と工藤純平(玉木宏)の恋路を邪魔する「女の敵」キャラを演じていましたが、これら3作はすべてフジテレビの木曜22時枠。大人女性をメインターゲットにしたドラマ枠の隠れた主役となっていることが分かります。

 そもそも伊藤さんが、世に知られるきっかけとなった映画『リリィ・シュシュのすべて』で演じたのも、男子には好かれる反面、女子から嫌われる美少女の役でした。「女の敵」キャラを演じるときの伊藤さんは、「優しく穏やかな笑顔の裏で罠を仕掛ける」のがうまい“企み”の女優に変身。伊藤さんが画面に現れただけで、視聴者は「何か良くないことが起こりそう……」と感じ、サスペンス色が色濃くなります。

1/2ページ

最終更新:8/21(日) 7:00

NEWS ポストセブン