ここから本文です

各局五輪キャスターを総括 No.1はSMAP中居か?

NEWS ポストセブン 8/21(日) 7:00配信

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、事前の様々な懸念はどこへ? 予想以上に盛り上がったリオ五輪の、各局キャスターを総括する。

 * * *
 日本人選手のメダルラッシュに沸いたリオ五輪が間もなく閉幕する。

 奇跡の銀メダルを獲得した陸上男子400mリレーに代表されるように、チーム力での名場面がたくさんあった今大会。

 その割には、現地キャスターのキャラクターが弱かったように思うのである。その陸上男子400mリレーの選手4人にスタンドでインタビューしたNHKの澤田彩香アナウンサー。入局3年目の新人で名古屋放送局所属ということで、名前も顔も全国的でないうえ、イケメンが多い男子リレー選手を前に緊張してしまったのだろうか。舞い上がったり、バトンの順番を間違えてしまったり、あまりいいところがなかった。

 その報告を受けていたのは同期で広島放送局にいる上原光紀アナウンサー。美人顔なのだけれど、ずっと顔がテカっていたり、原稿に目を落とすとき、長すぎる睫毛が頬に影を作ってしまい、「NHKは、現地にメイクさんを行かせてないの?」と思ったほどである。

 恐らく選手たちも、顔が知られたキャスターにインタビューされるほうがテンションが上がるのではないだろうか。その点、日本テレビがおさえていた元レスリング女子の浜口京子氏、元体操女子の田中理恵氏は、もともと知名度が高く、バラエティー出演も多いことから、自分たちの役割を熟知。当然、選手たちの気持ちもわかる過ぎるぐらいわかっているので、コメント一つ一つに説得力があった。

 なかでも、銀メダルに終わり失意に暮れながら日本テレビのインタビュールームにやって来た吉田沙保里選手に対する浜口氏のコメントには日本中が涙したのではないか。

 インタビュー時間、その大半で話していたのは浜口氏のほう。自分の体験を交えながら、4大会も連続で五輪に挑戦することがどれだけ難しいか。そして日本女子レスリングチームをいかに吉田選手が牽引してきたかを彼女の目を見ながら、ゆっくりした口調で、言い聞かせるように解説。涙目で現れた吉田選手の表情がみるみるうちに変わっていったのがわかった。

1/3ページ

最終更新:8/21(日) 7:37

NEWS ポストセブン