ここから本文です

1等1億200万円の五輪協賛宝くじ 中途半端な金額の理由

NEWS ポストセブン 8/21(日) 7:00配信

 世界中がリオデジャネイロ五輪に沸いているが、実は、宝くじ売り場も五輪で盛り上がりを見せている。

 1枚200円の「東京2020大会協賛くじ」(第699回全国自治宝くじ)が8月17日から発売されているからだ。その収益金は4年後の東京五輪開催費用にあてられることになっている。つまり、この宝くじを購入することで、東京五輪のサポーターになれるともいえるのだ。

 気になる当せん金だが、1等は1億200万円という中途半端な金額。実はこれには理由があり、前後賞の5000万円と合わせると、総額が2億200万円になり、上4ケタが、東京五輪の開催年「2020」になるというわけだ。ぜひ連番で買いたいものだ。

 前回の東京五輪では、1960~1964年までの5年にわたって協賛の宝くじが発行された。今回も2020年までの間に何度か発行されると思われるので、来年以降も期待大。販売期間は9月6日までだが、売り場によっては最終日を待たずに完売の可能性もあり。お早めに!

※女性セブン2016年9月1日号

最終更新:8/21(日) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。