ここから本文です

使い道10通り以上!多機能防災ミサンガが発売に

東京ウォーカー 8/21(日) 7:30配信

「非常の時には使うけれど、普段は使わない」というものが多い防災グッズ。そんなイメージに対して普段から使え、さらにそのことで防災意識を高められる多機能防災ギアが誕生した。

【写真を見る】23gという軽さも魅力だ。

一般社団法人防災ガールが、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として展開中の津波防災プロジェクト「#beORANGE(ハッシュビーオレンジ)」のオフィシャルアイテムとして発売したのが、「#beORANGEミサンガ」だ。これは軽量でありながら、耐久性と強度に優れた「パラシュートコード(耐荷重量約200kg※)」を採用。編み込んであるパラコードをほどくと2メートルを超える紐になり、燃えやすい素材を用いているため、着火剤としても代用できる。ほかにもシェルター、止血剤、救助の合図、添え木、笛など、有事の際にさまざまな用途で使えるに応える。

カラーはオレンジ×オレンジ、オレンジ×ブルー、オレンジ×ホワイト×ブルーの全3種。男女兼用のフリーサイズとなっている。このミサンガで、改めて防災意識を確認してみてはいかが?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:8/21(日) 7:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。