ここから本文です

夏撮ったスマホ写真は「対応プリンタ」でさくっとプリント

東京ウォーカー 8/21(日) 20:00配信

お盆休みを終え、家族旅行や子どものイベントなど思い出のスマホ写真がたまっている人も多いだろう。でもせっかく撮った写真を整理せずにそのままにしてしまう人、意外と多いのでは?

【写真を見る】シールも作れてキレイで長持ち。キヤノン「SELPHYCP1200」¥12,800(税抜)(編集部調べ)

人に贈ったり、ノートや部屋を飾ったりするのに便利な、スマホから簡単にプリントアウトできるプリンターがヒットしている。わざわざ接続しなくても、無線LANを使ってL判の写真などに自宅で現像が可能なのが最大の魅力。

■LGエレクトロニクス「ポケットフォト」:スマホ連動の手のひらサイズのプリンター。無料専用アプリを使えばフレームをつけたり日付を入れたりと、デコレーションも可能。フォトペーパー別売り。¥11,487(編集部調べ)

■キヤノン「SELPHYCP1200」:L判からポストカードサイズまで、選べるサイズやレイアウトの数が豊富。オーバーコートでキレイも長もち。シール紙印刷もできるので、旅行手帳に貼ることも。Wi-Fi機能搭載。¥12,800(編集部調べ)

■富士フイルム「スマホdeチェキ」:撮った写真をアプリで送るだけで、簡単にチェキプリントできる。持ち運びにも便利なミニサイズで、撮ってすぐにみんなで共有。フィルムは別売り。¥18,857(編集部調べ)

お気に入りの一枚をプリントアウトして、自宅に飾ったり、両親にプレゼントするのもよさそうだ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:8/21(日) 20:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。