ここから本文です

肉メニューの見栄えをよくする、カラフルな野菜ソース

東京ウォーカー 8/21(日) 22:00配信

安くて調理が簡単な「お肉」は、毎日の献立になくてはならない食材。農林水産省の「食料需給表」によると、2014年では1人1年当たりの肉の供給量が、50年前と比べ約5倍になっているとのことで、ニーズの高まりは数字にも表れている。その一方、家族の健康や食育も意識したい主婦にとっては、「野菜もたっぷり」「目にも楽しく」という点も重要だ。

【写真を見る】ソースにも野菜を使いたいというお母さんのニーズにもぴったり

オタフクソースから9月1日(木)に新発売される「お肉にベジ・アド」シリーズは、肉メニューにぴったりな色鮮やかなソース。ラインナップは黄のソース、橙のソース、緑のソースの3種類。それぞれに5種類の野菜と、食物繊維を配合している。「黄のソース」は、 醤油をアクセントに、とうもろこしのコクのあるやさしい甘さをひきだしたソースで、鶏もも肉と好相性。「橙のソース」はほのかにカレーが香るかぼちゃ味。ハンバーグなど、ひき肉料理によく合いそう。「緑のソース」はえだまめのまろやかな味わいのソースで、ポークソテーにかけるのがおすすめだそう。

手軽に見た目と味を向上させられるソースを使えば、いつもよりもっと楽しい食卓になりそう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:8/21(日) 22:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。