ここから本文です

ヤフーを追い込み博報堂から案件を強奪! 電通の豪腕営業術

サイゾー 8/21(日) 15:00配信 (有料記事)

巨大広告代理店電通の豪腕営業

 権力の裏付けには金が必要。そしてその金を生み出すのは、他社を出し抜く豪腕営業術ということなのか。

 2020年開催のオリンピック招致活動に際して、日本側が国際オリンピック委員会(IOC)委員に、約2億3000万円をばらまいたという贈収賄疑惑が持ち上がったのが今年5月。一部報道によると、これに広告代理店の電通が関与していた【1】ことが報じられており、今後の動きに注目が集まっている。

 オリンピックといえば、広告代理店にとっても大型イベント案件だ。巨額のスポンサーシップだけでなく、自国開催とあれば海外にもその手腕を見せつける格好の場となる。特に、12年にイギリスの広告会社イージス・グループを買収するなど、本格的な海外戦略を開始している電通にとって、2億円程度は、まき餌のようなものだろう。本文:5,745文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:8/21(日) 15:00

サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2016年12月号
11月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:人気映画の裏話
第2特集:「アスペ」増殖論争勃発か?
第3特集:「春画」ブームの正体

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。