ここから本文です

ラスヴェガスでは、スマホでも「本物のギャンブル」ができる

WIRED.jp 8/21(日) 10:10配信

ネヴァダ州ラスヴェガスに本拠を置く総合リゾート企業・MGM Resortsは7月半ば、米国初の「“リアルマネー”・モバイルギャンブル・プラットフォーム」を開始した。

【スマホで本格ギャンブル、写真一覧で見る】ポーカーだけでなくビンゴ、「25 Diamonds」など

21歳以上であれば、ラスヴェガスにあるMGM傘下の各種ホテルのWi-Fiネットワークに接続して、大事な資金を一攫千金のチャンスに賭けることができる。それもすべて、スマートフォンやタブレット、ノートPCから。

MGM Resortsのリリースによると、このプラットフォーム「easyPLAY Mobile Tournaments」は、「ラスヴェガスを象徴する9軒のリゾートホテルの客が、プール際にいるときや、バーでカクテルを飲みながら、あるいは、部屋でただくつろいでいるときなどに、携帯端末を使ってさまざまなトーナメント方式のゲームでほかのプレイヤーと競い合うことができる」ものだ。携帯端末を忘れた客向けに、ホテルの中にもプレイをするためのマシン「InteractivePro Tables」が置かれている。

ゲームの種類は、ビンゴ、スロット、ヴィデオポーカーだが、これからさらに増える予定だという。プレイができるMGM系列のリゾートホテルは、いずれもネヴァダ州ゲーミング規制委員会の承認を受けている。

これは、ラスヴェガスのカジノが、デジタル世代の若いギャンブラーたちを惹きつけるために採用した最新の手法だ。ただし、こうした仮想ギャンブルがギャンブラーたちに受け入れられるかどうかは、また別の話だ。ラスヴェガスを拠点とするオンラインポーカー会社・Ultimate Gamingは、19カ月間操業したのち2015年に撤退している。

DAVID KRAVETS

最終更新:8/21(日) 10:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

なぜ今? 首相主導の働き方改革