ここから本文です

安倍首相は議論から逃げてはならぬ 知られざる「王者の退位」その2

Japan In-depth 8/21(日) 23:00配信

今回も、恐縮ながら読者諸賢には釈迦に説法であろう事柄から話を始めねばならない。

天皇とは国民統合の象徴であると定め、その地位は「国民の総意」に基づくとしたのが日本国憲法であるが、これを素直に読む限り、ならば国民がこぞって退位を認めたならば、それでよいではないか、ということになる。しかし実際に憲法学者に話を聞いてみると、このような解釈は、学術の世界においては、絶無とまでは言わないが、まともに相手にされていないようだ。

たしかに「多数決=総意」と割り切ってしまうのは、いかにも乱暴な話で、そもそもなにをもって総意とするのか、という論点がクリアされない限り、現行憲法下でも退位は可能、という解釈は「無理筋」になるだろう。

いささか杓子定規な解釈をするならば、憲法それ自体に改憲条項がちゃんと定められているのだから、その手続きをきちんと踏みさえすれば、それは「総意」と認めてよい。

今の国会で、いわゆる改憲勢力が3分の2の議席を占めているわけだから、改憲の発議は可能である。そして、示された新たな憲法が国民投票で過半数の信任を得られるという前提で、そこに退位の規定が盛り込まれていれば、話はそれで終わりなのだ。

ただ、退位というのは一般的に、国王やローマ教皇のような地位に対してのみ使われる言葉だということは、理解しておかねばならない。

端的に、わが国の企業社会にあっては「XX社の天皇」と称されるような経営者が複数いるが、そのような人物が後進に道を譲ったような場合、誰もそれを退位とは呼ばない(社内ではどうか知らぬが)。たとえ日本経済に大きな影響を与えかねないような人事であったとしても、所詮は一民間企業の問題に過ぎないのだ。

言い換えれば、退位の規定を憲法に盛り込むべきか否かを突き詰めて行くと、あらためて天皇を元首と規定すべきか、という問題に突き当たらざるを得ないのである。少し話を戻すことになるが、現行憲法下における象徴天皇について、退位が認められるとする解釈が、憲法学者の間ではごく少数にとどまっている理由も、これでお分かりだろう。

象徴天皇とは、たとえば国費で生活を保障されると言った特権を与えられている反面、憲法が保障するところの基本的人権も一部制限されている。選挙権もない。しかも、世襲の地位である。これを要するに、天皇の地位と、地位に伴う義務や責任は、憲法上いずれも終生のものであって、私の知り合いの憲法学者の言葉を借りれば、「お気の毒ではあるけれども、ご自分の出処進退を決める権限は付与されていない」とする解釈が多数派というのが現状なのだ。

前回、この問題について議論の指針さえも示そうとしない安倍内閣の態度は問題だ、と私が述べたのは、話がここに繋がってくる。自民党が野党であった当時、天皇を国家元首にするという「憲法改正草案」を取りまとめたことを、多くの国民は忘れてなどいない。

一方では、第二次安倍内閣が誕生してから、改憲論議はひとまず後景化してしまい、アベノミクスで経済を建て直すのだ、と連呼して選挙を乗り切るたびに、特定秘密保護法、安保法制と、憲法を骨抜きにするような法案をゴリ押ししてきた姿も、これまた忘れてなどいない。

だから、いわゆる改憲勢力がとうとう3分の2を占めた今、あらためて天皇を元首とし、国軍を創設するという憲法改正案を発議するのであれば、まだ話は分かる。

そのような憲法を国民が歓迎するか否かは、まったく別問題であるが、少なくとも憲法改正を目指してきた政治家として、筋は通る。

そこに降ってわいたのが、今次の「生前退位のお考え」であった。

これで、天皇条項(皇室に男児が誕生したので、女系天皇を巡る論議は棚上げとなった)や国軍の創設(安保関連法案の成立により、自衛隊が海外で戦闘行為ができるようになったので、9条改正は急がなくてもよい)は棚上げにしてしまい、理解を得られそうな「大震災などを想定した緊急事態条項」のみを盛り込んだ憲法改正案を通せれば、安倍首相は改憲を成し遂げた「大宰相」として名を残せる、というシナリオは成立しがたくなった。

前回も述べたが、82歳という天皇の年齢を考えれば、議論の引き延ばしなど許されることではない。かと言って、天皇条項にまで踏み込む憲法改正が、今の政治状況で本当に可能なのか。

安倍首相本人としては、大いなるジレンマを抱えて悩ましいところであろうが、あまり同情の余地はない。この議論から逃げるようでは、大宰相を目指すなど、おこがましいにも程がある、という話なのだ。

(その1もあわせてお読み下さい。)

林信吾(作家・ジャーナリスト)

最終更新:8/21(日) 23:00

Japan In-depth

Japan In-depthの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。