ここから本文です

セビージャ清武が衝撃のリーガデビュー! 開幕エスパニョール戦で1得点1アシストの爆発で6-4大勝に貢献

Football ZONE web 8/21(日) 7:09配信

右インサイドハーフで先発!

 セビージャの日本代表MF清武弘嗣が21日のリーガ開幕戦エスパニョール戦いきなりの1ゴール1アシストという衝撃のデビューを果たした。CKでチームの2点目をアシストすると、試合を決定づける6点目を奪うなど、豊富な運動量と小気味よいプレーで攻撃を促進。6-4と壮絶な打ち合いの末の初戦勝利の主役の1人となった。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 サンパオリ監督は4-4-2の右インサイドハーフで清武を起用。すると前半5分、清武は鋭い飛び出しでペナルティエリアに入り込み、ラストパスを送る。これをゴール前のFWビエットが合わせたがシュートは相手GKに弾かれる。だが、その直後の同8分にカウンターからエスパニョールのMFピアッティにスライディングシュートを決められて、いきなりセビージャは1点を追う展開となった。

 その後、セビージャは人数をかけたアグレッシブな攻めを見せる。同15分、中央でのリズミカルなパス回しから右サイドのDFマリアーノがクロスを上げる。これをファーサイドのMFサラビアがループ軌道のヘディングシュートを叩き込み、すぐに1-1に追いついた。そして同21分、左CKで清武がキッカーを務め、ゴール前に正確無比なクロスを送る。するとビエットが頭で叩き込んで2-1。清武はリーガ初戦でアシストを記録した。

 しかし、同24分にはエスパニョールが再びカウンターを仕掛け、最後はFWエルナン・ペレスが決めて2-2。同44分にはMFビクトル・サンチェスが決めて2-3とエスパニョールが勝ち越し。しかしアディショナルタイム、セビージャはCKからビエットが再びゴールネットを揺らし、3-3として前半を終えた。

俊輔ら日本人が輝けなかった鬼門のリーガで大爆発

 後半に入ってもセビージャは攻撃的姿勢を緩めない。同8分、左サイドからのパスを清武がスルーすると、MFフランコ・バスケスが左足シュートを決めて4-3と再び勝ち越す。そして同21分にはサラビアのノールックスルーパスにFWベン・イェデルが抜け出して、5-3と突き放した。

 そして同29分にリーガ初ゴールが生まれた。バスケスが中央でボールをキープすると、右サイドを走り込んだ清武にパス。これを背番号14が右足で落ち着いて決めて、デビュー戦で初ゴールをゲットした。試合を決定づける6点目を奪い、勝負を決めた。同34分には清武の横パスを奪われてMFジェラールに決められてしまう場面もあったが、セビージャは6-4で激闘を制した。

 元日本代表MF中村俊輔(横浜Fマリノス)ら日本の誇る名手が輝けなかった日本人にとって鬼門のリーガ・エスパニョーラでいきなり結果を出した清武。本拠地サンチェス・ピスファンで衝撃のゴールラッシュを見せたUEFA欧州リーグ3連覇中の強豪で、最高のリーガデビューを果たした。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/21(日) 7:19

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。