ここから本文です

圧力鍋を使うと16倍速く調理できる理由

WIRED.jp 8/21(日) 12:10配信

湯を沸かした場合、その温度は最高で100度までしか上がらない。だが圧力鍋では、湯の温度は120度近くまで上がる。これは、蒸気中の分子が非常に活発化し、温度が上がれば上がるほど高速で跳ね回るからだ。普通の鍋で沸かした場合、活発化した分子は蒸気となって逃げていく。だが圧力鍋では蒸気に逃げ場はない。つまり、蒸気はずっと沸騰した湯と接触し続け、100度を超えるまで湯を熱することになる。

【動画を見る】圧力鍋の原理はこうなっている

高地で湯が早く沸騰することはご存知だろう。高度が高いところでは、低地と比べて物体を押さえつけている空気分子が少ない。つまりロッキー山脈での気圧は、ビーチでの気圧より低いことになる。湯が蒸気に変化するには、蒸気圧が周囲の空気圧と同じ気圧に達する必要がある。空気圧が低ければ到達すべき気圧が低いので、湯が早く沸騰するというわけだ。

圧力鍋がつくり出す高温で、何ができるのだろうか? 調理時間が「短く」なるだけではない。「超短く」なるのだと、料理メディア『ChefSteps』の友人たちが指摘している。通常の沸点である100度から温度が5度上がるだけで、調理時間は半分になる。さらに5度上がると、さらに半分になる。最高温度の120度に達すれば、通常の速度の16倍で調理できるのだ。

さらに、調理時間が短くなるだけではなく、おいしさの点でも圧力鍋は優れている。圧力鍋は食材内部の水分を加熱するだけではなく、食材の中に蒸気を押し込むため、同時に食材に水分も与えるのだ。さらにおまけとして、高圧は食材をばらばらにするのではなく、まとめる役割を果たす。

肉をジューシーにする、豆のような硬い食材をすぐに柔らかくする、タマネギを一瞬で飴色にする。圧力鍋は物理学を利用することで、まったく新しい料理の世界を広げている。「圧力(プレッシャー)」という言葉には悪いイメージがあるかもしれないが、実はそれほど悪いものではないのだ。

MATT SIMON

最終更新:8/21(日) 12:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

なぜ今? 首相主導の働き方改革