ここから本文です

部屋にも、旅先にも、あると嬉しい「ポータブルプロジェクター」

WIRED.jp 8/21(日) 16:10配信

スペックだけでは全体像が分からないこともある。LG「PH450U」プロジェクターがそのいい例だ。720画素DLPプロジェクター、価格は650ドル(約6万5000円)。これだけ聞くと、超小型レーザープロジェクターの時代にあって値段ばかりが高い時代遅れの品に思える。

しかし、この「PH450U」、実はとんでもない実力派だ。例えば旅行用にぴったりで、小さなケースに入って重さはわずか1kgだ。バッテリー駆動なので、部屋でコンセントはどこかと探す必要もない。LGによれば、一回の充電で2時間半もの間投影できる。

PH450Uは短距離投影型だ。つまり、大画像を映すのに広いスペースは必要なく、壁のすぐそばに置けば大丈夫だ。ほんの30cmの距離から80インチ(対角2m)の大画像を映し出せる。アパートの小さな部屋で使っても、部屋の片隅に置いて大画像を楽しめることが分かるだろう。

さらに、映像装置と配線する必要がないのもすばらしい。TVチューナー内蔵型で、Wi-Fiダイレクト機能つき、Android OSのスマートフォンの「Miracast」にも対応している。小さなプロジェクターながらスピーカーが付いていて、Blutooth経由でオーディオ出力もできる。

大型プロジェクターにつきもののスマートな機能がすべて搭載されているわけではないが、バッテリー駆動の携帯型としてはなかなか優れている。LEDの明るさは450ルーメン、普通のポケットプロジェクターに比べてもずっと強力だ。LGによれば、このランプは優に3万時間はもつそうだ。

TIM MOYNIHAN

最終更新:8/21(日) 16:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

なぜ今? 首相主導の働き方改革