ここから本文です

開幕戦で6発大勝のバルサ L・スアレスが盟友メッシを絶賛「彼は常に世界最高だ!」

Football ZONE web 8/21(日) 12:10配信

ベティス相手にL・スアレスがハットトリック、メッシが2得点をマーク

 バルセロナはリーガ・エスパニョーラ第1節ベティス戦を6-2の圧勝で飾り、3連覇に向けて最高の滑り出しを見せた。この日ハットトリックを決めたウルグアイ代表FWルイス・スアレスは、同じく2得点のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて「彼は常に世界最高だ!」と語ったと、スペイン紙「マルカ」などが報じている。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 この日のバルサは看板3トップ「MSNトリオ」のうち、ブラジル代表FWネイマールをリオデジャネイロ五輪参戦によって欠いたものの、圧倒的な破壊力に変わりはなかった。前半6分にメッシのクロスを起点にトルコ代表FWアルダ・トゥランが先制点を奪う。同21分に同点に追いつかれたものの、同37分に必殺のカットインからメッシが勝ち越し点を奪うと、5分後にはL・スアレスが追加点。後半にもメッシが1点、L・スアレスが2点を決めて試合を決めた。

 本拠地カンプ・ノウでいきなりのゴールショーを見せたバルサに、L・スアレスも納得の様子だった。「バルセロナは常にリーガの優勝候補で、それを証明する試合になった。ハットトリックについては、最も重要であるチームを手助けすることができて満足しているよ」とコメントしつつ、メッシについて絶賛した。

ラキティッチは2人の絶妙な連携を称賛

「メッシは野獣のように今季をスタートした。そして、世界最高の選手だ。できることといえば足元にひれ伏して、彼のプレーを享受するだけだよ」

 メッシとL・スアレスの絶妙の連携ぶりには、同僚のクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが「彼らはピッチ内外で理解し合っている。いつも違いを作ってくれるんだ」と絶賛した。

 リーガ3連覇に向けて最高のスタートを切ったバルセロナ。ブラジルに初の五輪金メダルをもたらしたネイマールも合流すれば、チームはさらに勢いに乗るはずだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/21(日) 12:10

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。