ここから本文です

またもペップ批判。今度はシャキリ「彼はなぜ控えかを話してくれなかった」

フットボールチャンネル 8/21(日) 8:40配信

 ストーク・シティのMFジェルダン・シャキリはバイエルン・ミュンヘン時代の指揮官、ジョセップ・グアルディオラ監督との関係を「いいものではなかった」と振り返っている。20日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 EURO2016でのオーバーヘッドキックでのゴールが印象的なスイス代表の24歳は、英紙のインタビューの中で、これまでの指揮官との相性について語っている。「インテルに移籍した時は、多くのファンが空港に来てくれた。が、イングランドに移籍した時は誰もいなかった。でも、マーク・ヒューズ監督が個人的に私を迎えに来てくれたんだ」と現ストーク監督への強い信頼を語っている。

 一方で、バイエルン時代の指揮官、グアルディオラ監督については「ピッチ上で起こっていることについての手腕は素晴らしい。しかし、私とのコミュニケーションという意味ではいいものではなかった。最終的に我々はタイトルを獲ってきたし、彼にはマンチェスター・シティでも優勝できるよう願っている。だが、リーグも異なるし、ハードな一年になるだろう」と述べる。

 そして、今シティでGKのジョー・ハートがポジションを失っていることについて、自身のバイエルン時代を重ね「グアルディオラ監督は、なぜこういう状況なのかという事を選手に話してくれない。当然、選手にとっては難しいことだ」と述べ、「それでも、メディアの前では『彼は素晴らしい、最高のプレーヤーだ』と話す。しかし、実際にはプレーさせてもらえないんだ。これは困難な状況だ」と思いを語った。

 バイエルンでの不遇の時間を乗り越えて、プレミアリーグで2シーズン目を迎えるシャキリは「このリーグは最高だ」と感じている。一方で、先日もGKハートへの冷遇をシティOBのジョーイ・バートンに非難されるなど、グアルディオラ監督がプレミアリーグを最高と感じるにはもう少し時間がかかりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/21(日) 13:34

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。