ここから本文です

セビージャ清武の1得点1アシストに地元メディアも高評価 “鬼門”スペインに衝撃与える

Football ZONE web 8/21(日) 13:00配信

6-4の打ち合いを制し、エスパニョール撃破の原動力に

 リーガ初陣で衝撃の1ゴール1アシストを記録したセビージャの日本代表MF清武弘嗣が、現地メディアで高評価を受けている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 清武は現地時間20日の第1節エスパニョール戦の前半21分、左CKで清武がキッカーを務め、ゴール前に正確無比なクロスを送る。するとビエットが頭で叩き込んで2-1とした。そして5-3で迎えた後半29分にリーガ初ゴールが生まれた。バスケスが中央でボールをキープすると、右サイドを走り込んだ清武にパス。これを背番号14が右足で落ち着いて決めて、デビュー戦で初ゴールをゲット。その後横パスを奪われて失点に絡むミスがあったものの、6-4の打ち合いを制する原動力となった。

 スペイン全国紙「マルカ」は、試合速報で「我々に息をつかせる間もなかった。バスケス! ベン・イェデル! キヨタケ!」と後半にセビージャが見せたゴールラッシュを表現。「サラビアとともにキヨタケはバスケスの金色のアシストによって、セビージャでの初得点を決めた。モンチSDは自らの“子猫”をかわいがりたいだろう」と、敏腕SDが肝入りで獲得した清武の奮闘ぶりを伝えた。

 またセビージャ地元紙「エスタディオ・デポルティーボ」は、「キヨタケ、サラビア、ビトロは前半に最も相手に危険を作り出した。21分のCKのクロスでビエットのゴールを呼び込み、セビージャに結果をもたらす手助けをした」と、攻撃面での貢献を評価している。

リーガ公式ツイッターも初ゴールを祝福

 リーガ公式ツイッターでも、写真つきで清武のゴールシーンを紹介。「日本人選手の素晴らしいゴール! ヒロシ・キヨタケは自身の初ゴールを拳を突き上げて祝福した」と投稿し、そのインパクトを大きく伝えている。

 2万9399人が駆けつけた本拠地サンチェス・ピスファンでいきなり輝いた清武。元日本代表MF中村俊輔(横浜F・マリノス)ら名手が輝けなかった日本人にとって鬼門のスペインだが、初陣で鮮烈なパフォーマンスを見せたことで、テクニシャンが多く居並ぶスペインでもその存在が認められ始めたようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/21(日) 15:56

Football ZONE web