ここから本文です

バルサ守護神ブラーボのマンC移籍が合意 オランダ代表GK獲得後に放出へ

Football ZONE web 8/21(日) 13:50配信

ベティスとの開幕戦後にバルサ強化部長が明かす

 バルセロナのチリ代表GKクラウディオ・ブラーボは、20日のリーガ開幕戦ベティス戦に先発フル出場し、6-2の勝利に貢献したが、マンチェスター・シティに移籍することが決まったようだ。スペイン地元紙「スポルト」が報じている。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 バルサのロベルト・フェルナンデス強化部長は、「我々はクラウディオ・ブラーボのマンチェスター・シティ移籍で合意に達した。だが、彼を放出する前に、我々は新しいGKとサインしなければいけない」とベティス戦後に明言した。アヤックスのオランダ代表GKヤスパー・シレッセンの獲得交渉を進めているバルサだが、GKを補充次第、ブラーボをジョゼップ・グアルディオラ元監督の待つシティに放出する方針を明らかにした。

 「我々は契約延長について交渉を進めていたが、シティからオファーが来た。選手も検討したいということだった。最終的に基本合意に達した」とフェルナンデス強化部長は語った。

 バルサはメッシ、ネイマール、スアレスという高給取りのビッグネームが君臨するため、人件費が高騰していた。チリ代表としても南米選手権の連覇に貢献する実力者だが、すでに33歳。通常は移籍金を確保することが困難なベテラン放出で、バルサは売却益を見込んでいる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/21(日) 13:50

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。