ここから本文です

「メッシはいつも同じだ」 バルサ指揮官が開幕戦で2得点1アシストと輝いたエースに脱帽

Football ZONE web 8/21(日) 17:16配信

ベティス相手に6-2と快勝  エンリケ監督「試合は完璧に近かった」

 バルセロナはリーガ開幕戦の本拠地ベティス戦で6-2という圧勝を飾り、リーグ3連覇に向けて最高の滑り出しを見せた。ルイス・エンリケ監督はこの日2得点1アシストをマークしたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて、「メッシはメッシ」と安定のスーパーパフォーマンスに賛辞を送っている。地元紙「スポルト」が報じた。

【写真記事】元祖“神の手”マラドーナ 後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」

「試合は完璧に近かった。フットボールのレベルだけでなく、気持ちの部分もそうだ。これまでにないほどの情熱を注いでプレーしている選手がいた。選手だけでなく、スタンドで躍動していたファンにもおめでとうと言いたい。カンプ・ノウ全体が誇りとともに合唱していた。最高の気持ちになれたんだ」

 エンリケ監督は大勝劇について、こう振り返った。スタンドと一体になり、華麗なゴールショーを実現したメッシは、スコアラーとしてのみならず、ゲームメーカーとしても覚醒している。2得点1アシストのハイレベルの活躍に驚きはあったのか、と質問された指揮官は、「ノーだ。彼はリオネル・メッシだ。彼はいつも同じだ。彼とルイス(スアレス)が他のメンバーと連動した時には、もう楽しんでくれ、と言うしかないんだ」と語った。

 今オフには脱税事件で有罪判決が下され、アルゼンチン代表主将の重責を担って挑んだコパ・アメリカ・センテナリオでは、PK戦にもつれ込んだチリ代表との決勝で一番手のキッカーを務めて失敗。チームも優勝を逃した試合後、アルゼンチン協会の腐敗ぶりに絶望し、一度は代表引退を表明したメッシだが、先日撤回するという激動の日々を送った。

 すべての出来事を忘却の彼方に解き放つようなメッシのパフォーマンスに、エンリケ監督も目を細めていた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/21(日) 17:16

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。