ここから本文です

本田、開幕戦はベンチ予想も…高まるチームの競争力。レベルの底上げを自ら実践するシーズンへ

フットボールチャンネル 8/21(日) 15:10配信

ミランは現地時間21日、セリエA開幕戦でトリノとホームで対戦する。日本代表の本田圭佑は、ベンチスタートが予想されている。3トップの一角にはプレシーズンで好調をアピールしたスソが濃厚だが、ヴィンチェンツオ・モンテッラ監督は選手全員にチャンスを与えようとしている。「レベルの底上げを」と語っていた本田だが、自らそれを実践するシーズンスタートになりそうだ。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

本田、開幕戦はベンチスタートか。同ポジションではスソがリード

 「明日の試合ではテストはしない。あくまで結果を出すために戦う」

 20日、トリノ戦の前日会見で、ヴィンチェンツオ・モンテッラ監督はそのように語った。予想されるのは当然、4-3-3のシステムをベースに作り上げたチーム。前線のCFには移籍濃厚と見られていたが一転残留となったカルロス・バッカ、左ウイングには指揮官が高く評価していたエムバイエ・ニアン。そして右には、プレシーズンでも調子の良かったスソだ。

 従って本田圭佑は、ベンチスタートが濃厚と見られている。10日のトロフェオTIM(サッスオーロ、セルタとで行われた変則の3セットマッチ)では70分超、そして14日のフライブルク戦ではフル出場に加えてアシストも記録はしていたが、現時点でのファーストチョイスは「試合では“点滅”して消える時間もあるが、マーカーを抜いて数的優位を作れるスソ(ガゼッタ・デッロ・スポルト)」という見方が現地では支配的となっている。

確かにスソは、プレシーズンでのアピールに成功した。昨シーズン、レンタル先のジェノアでジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の薫陶を受け、得点を意識しシュートでプレーを完結できるアタッカーに成長。

 実際6得点と結果もついてきて、その勢いと経験値をミランにも持ち込んだ。ボルドー戦では2得点。トロフェオTIMのサッスオーロ戦は疲労を考慮され20分弱の出場となったが、その間にシャープな縦へのドリブル突破から見事なパスを出し、ゴールを演出している。

1/2ページ

最終更新:8/21(日) 15:37

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)