ここから本文です

マンC監督がCB陣に発した妥協なき要求 「眠っているようなプレーをしたら、次の試合は…」

Football ZONE web 8/21(日) 22:20配信

ペップが戦術上のキーポジションに光らせる鋭い視線

 マンチェスター・シティを率いるペップことジョゼップ・グアルディオラ監督が、チームを後方から支えるセンターバック陣に対し、一つのミスで出番を失う可能性があることを示唆する厳しい警告を発している。英地元紙「マンチェスター・イブニングニュース」が報じた。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 ペップ体制がスタートしたシティでは、主将のベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが負傷離脱中ということもあり、新加入のイングランド代表DFジョン・ストーンズを軸に、左サイドからコンバートされたセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフ、アルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディらが起用されている。

 しかし、ペップは現時点でDF陣が盤石な状況にあるとは考えていないという。ペップのスタイルでは守備はもちろん、攻撃での貢献も求められるキーポジションだけに、指揮官はセンターバックへの評価に鋭く目を光らせている。一つのミスでポジションを失う可能性もあるという。

「勝つためには多くのCBが必要だ」

「我々は2人のセンターバックだけで勝つことはできない。勝つためには多くのセンターバックが必要だ。ある一人が眠っているようなプレーをしたら、申し訳ないが、その選手は次の試合は家で寝ていてもらう。そして他の選手が、ポジションを手にすることになるだろう」

 同紙は「マン・シティのグアルディオラによるゾッとするような警告が明らかになった」と指揮官の厳しい言葉を伝えている。

 バルセロナ、バイエルン・ミュンヘンとメガクラブで指揮を執ってきた名将は、チーム内に激しい競争を求めている。そのためにもミスが失点に直結するセンターバックの選手には、特に厳しい要求を出しているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/21(日) 22:20

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革