ここから本文です

ラニエリ、今シーズン初勝利を逃したことを悔やむ。「我々は勝ち点3に値した」

フットボールチャンネル 8/21(日) 16:40配信

 プレミアリーグ第2節でアーセナルとスコアレスドローに終わったレスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督は勝ち点3を逃したことを悔やんでいる。20日、地元紙『レスター・マーキュリー』が伝えている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 「我々は良いパフォーマンスだった。結果は結果だけど、私は勝ち点3に値したと思う。アーセナルはポゼッションしていたけれども、決定的なチャンスは作れなかった」と述べ、ラニエリ監督は内容に結果が伴わなかったと考えているようだ。

 また、アーメド・ムサがエクトル・ベジェリンに倒されたものの、PKの笛が鳴らなかったことについては「レフェリーはよい仕事をした。私にとって、PKはレフェリーの笛が鳴ったときだ。笛が鳴らなかったのだから、PKではない」と主審の判断を批判することはなかった。

 開幕戦から1分1敗とまだ勝利のないレスター。3節はスウォンジー・シティとの対戦となる。初勝利が早く欲しいところだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/21(日) 16:51

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ