ここから本文です

王国悲願の金メダルに指揮官「ブラジルサッカーは死んでいない」【リオ五輪サッカー】

フットボールチャンネル 2016/8/21(日) 17:10配信

 ブラジルに悲願のオリンピック金メダルをもたらしたロジェリオ・ミカーレ監督は「ブラジルサッカーは死んでいない」と高らかに述べた。20日、アメリカメディア『ESPNデポルテス』が報じている。

【写真】美の競演…欧州の美女サポーターたち

 PKにもつれたドイツとの死闘を制し、自国開催の五輪でサッカー王国を初の金メダルに導いた指揮官は「ブラジルサッカーは死んでいない。世界のサッカー界に大きなアピールができた」と喜びを語る。

 2014年の自国開催のワールドカップ(W杯)では悪夢の準決勝敗退。直近のコパ・アメリカではグループリーグ敗退、現在行われている2018年W杯予選でも現在6位に沈んでおり、暗い話題が続いていたブラジルサッカー界に久々に明るいニュースをもたらした。

 これについて、47歳の指揮官は、「過去は去った。この勝利がブラジルサッカー界に落ち着きを取り戻させ、フル代表のプレッシャーを軽くする」と述べ、「我々は素晴らしい世代を抱えている。未来で成功を収めるためのいくつものオプションを持っている」と将来への希望を語った。

 そして、今チームで”10番”とキャプテンを託した至宝ネイマールについては、数々のゴールとチームの手本となり続けていたことを称賛した。

フットボールチャンネル

最終更新:2016/8/21(日) 17:28

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!