ここから本文です

王国悲願の金メダルに指揮官「ブラジルサッカーは死んでいない」【リオ五輪サッカー】

フットボールチャンネル 8/21(日) 17:10配信

 ブラジルに悲願のオリンピック金メダルをもたらしたロジェリオ・ミカーレ監督は「ブラジルサッカーは死んでいない」と高らかに述べた。20日、アメリカメディア『ESPNデポルテス』が報じている。

【写真】美の競演…欧州の美女サポーターたち

 PKにもつれたドイツとの死闘を制し、自国開催の五輪でサッカー王国を初の金メダルに導いた指揮官は「ブラジルサッカーは死んでいない。世界のサッカー界に大きなアピールができた」と喜びを語る。

 2014年の自国開催のワールドカップ(W杯)では悪夢の準決勝敗退。直近のコパ・アメリカではグループリーグ敗退、現在行われている2018年W杯予選でも現在6位に沈んでおり、暗い話題が続いていたブラジルサッカー界に久々に明るいニュースをもたらした。

 これについて、47歳の指揮官は、「過去は去った。この勝利がブラジルサッカー界に落ち着きを取り戻させ、フル代表のプレッシャーを軽くする」と述べ、「我々は素晴らしい世代を抱えている。未来で成功を収めるためのいくつものオプションを持っている」と将来への希望を語った。

 そして、今チームで”10番”とキャプテンを託した至宝ネイマールについては、数々のゴールとチームの手本となり続けていたことを称賛した。

フットボールチャンネル

最終更新:8/21(日) 17:28

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。