ここから本文です

バルサ守護神、開幕戦翌日の練習を欠席。フロントもマンC移籍認める

フットボールチャンネル 8/21(日) 19:17配信

 バルセロナはクラブ公式ツイッターで、GKクラウディオ・ブラーボが21日の練習を欠席する許可を得たと発表した。同選手は前日のベティス戦に先発フル出場していた。

【写真】美の競演…欧州の美女サポーターたち

 これにより、以前から噂されていたマンチェスター・シティ移籍が決定的となった。英紙『デイリー・メール』などによれば、バルセロナのロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)も「ブラーボのシティ移籍について、我々は原則合意に至った」と明かし、守護神退団を認めている。

 シティのジョゼップ・グアルディオラ監督はGKに優れた足元の技術を求めており、昨季までの正GKジョー・ハートは実力を評価されずベンチ生活が続いている。ただ、新守護神のウィリー・カバジェロも指揮官を満足させているとは言い難い。
 
 ブラーボがシティに加わればグアルディオラ監督の理想とするスタイルはより完成に近づく。一方で、居場所を失ったハートは第3GKとして1年を過ごすか、移籍して再出発を図るかの選択を迫られるだろう。

フットボールチャンネル

最終更新:8/21(日) 19:34

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。