ここから本文です

誰でもなり得る「インポスター症候群」、克服に必要なのは──?

Forbes JAPAN 8/21(日) 11:00配信

子どものころは、自分には何でもできると思っていた。体操を始めたときには次のナディア・コマネチになるつもりだったし、テニスを始めてからは、次のクリス・エバートになるのだと思っていた。だが、体操選手になるには背が高くなりすぎたし、テニスでは完全に自信をなくし、中学を卒業するころにはもうやめてしまっていた。



私は「インポスター症候群」を発症していた。いつか誰かに、私が「詐欺師」であることがばれてしまうのではないか──そう考えていた。自分のしていることに全く自信が持てない状態に陥っていたのだ。

これは、誰でも発症する可能性がある「症候群」だ。男女を問わず誰にでも起こり得る。あなたの上司や親友もそうかもしれないし、芸術家や天才もこれに悩まされる。女優のエマ・ワトソンやフェイスブックのシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)、スターバックスのハワード・シュルツ最高経営責任者(CEO)、そしてアルベルト・アインシュタインも、インポスター症候群に苦しんでいた人として知られている。

また、およそ7割の人が、一生のうちに少なくとも一度は自分を「詐欺師のようだ」と感じるものだといわれている。自分だけではないと知れば、今この症候群に悩んでいる人も、きっと心強く思うことだろう。

だが、一体どうすれば自分を「詐欺師」のようだと思うことをやめられるのだろうか。

私の場合は、勤めていた会社をやめて自分で仕事を始めたころ、「自信がない、準備ができていない」として断った仕事について、ある女性にこう言われたことがきっかっけだった。

「あなたの準備はできている。やりなさい」

この言葉には効果があった。言われたことに素直に従えばうまくいくという、「良い子の行い」が奏功したまれなケースだった。

サポートするシステムがあれば、あるいは、たった1人でも応援してくれる人がいればそれだけで、あなたが難しいことに挑むのに十分だという場合もあるはずだ。そして、その挑戦は私たちをより良く、強く、賢くしてくれる。

1/2ページ

最終更新:8/21(日) 11:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。