ここから本文です

米国でも進む「若者のセックス離れ」、スマホの普及が原因説 

Forbes JAPAN 8/21(日) 15:00配信

米国のミレニアル世代はスマホアプリで相手を見つけ、その場限りの付き合いを楽しむフックアップジェネレーション(Hookup Generation)と呼ばれているが、最新のデータからは彼らが草食化していることがうかがえる。



「Archives of Sexual Behavior」誌に掲載された調査リポートは、ミレニアル世代が彼らより上のX世代やベビーブーマーに比べて、セックスに積極的でないことが明らかになった。同調査は2015年から2016年にかけて、シカゴ大学の全国世論調査センター(NORC)が長期に渡って実施している総合的社会調査(GSS)の統計データを分析した。

調査では1980~1990年代生まれの若者が、その前の世代よりもセックスのパートナーの数が少ないことやセックスに消極的だという結果が判明した。20~24歳の女性の15%は成人以降セックスしておらず、その数字は1990年代初めよりも6%高い。

識者からは賛否両論

ミレニアル世代研究の第一人者のジーン・トゥエンゲはワシントンポストに対し、若者にとってオンラインデートが異性と付き合う主要な手段になっていることが、セックス離れの一因と指摘する。ジーンは「オンラインデートでは見た目が大事だ。平均的な容姿の人はデートアプリで相手を見つけることは現実の出会いより難しく、パートナーを探すことにさらに後ろ向きになるかもしれない」と語った。

今回の調査結果に対し、専門家の意見は割れた。ハーバード大学医学大学院小児科学の臨床学准教授、ノーマン・スパックは「コミュニケーションは、アンチセックスに向かっている。セックスに必要な時間を惜しんで、電子デバイスを見ている」と述べた。ブルームバーグは、セックス離れが少子化に直結することを懸念している。

一方で、この傾向を健全なトレンドとして歓迎する意見もある。現代家族委員会(CCF)のリサーチディレクター、ステファニー・クーンツはワシントンポストの取材で「ミレニアルがTinderなどデートアプリでカジュアルセックスを行うのは、セックスの習慣や文化をよい方向に変えている。合意によるセックスの選択肢が広がるのはいいことだ。我々は圧力を感じながらセックスをする必要はない」と語った。

ラトガース大学の人類学者ヘレン・フィッシャーはポストに対し、「急がないことで、よりよい結婚ができるのではないか。そして離婚率も下がるかもしれない」と肯定的なコメントをした。

Janet Burns

最終更新:8/21(日) 15:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。