ここから本文です

【J1採点&寸評】G大阪×神戸|ダービー勝利を引き寄せたネルシーニョの分析力。MOMは好守連発の神戸守護神

SOCCER DIGEST Web 8/21(日) 9:00配信

G大阪――守備陣の健闘が光った一方で、中盤は攻撃の精度・アイデアに欠けた。

[J1第2ステージ9節]G大阪 0-1 神戸 8月20日/吹田S

【チーム採点・寸評】
G大阪 5
痛恨のPK失敗が響き、連勝が3でストップ。前半に運動量が上がらず神戸にペースを渡し、ギアが上がった後半もゴールネットを揺らせず。第2ステージの優勝争いから一歩後退した。

【G大阪|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 6.5
失点は一度はじいたボールを詰められ、致し方なし。2度のビッグセーブなど高いパフォーマンスを見せたが、勝利にはつながらなかった 。
 
DF
14 米倉恒貴 5
ボールを持っても パスの出しどころがなく、苦しんだ印象。前半のみで代えられ、不完全燃焼に終わった。
 
6 金 正也 6
 スピードでは分が悪いペドロやレアンドロを相手に、必死の対応。レアンドロに見せた激しい対応など、持ち味は発揮していた。
 
5 丹羽大輝  5.5
 前半はややラインが深い印象もあったが、後半は修正。接触プレーで流血するシーンも。1失点はしたが神戸の強力2トップを相手に、自由にはやらせなかった。
 
22 オ・ジェソク 5.5
 前半は左、後半は右SBと柔軟に対応。守備は堅く、攻撃でも敵陣深くまで攻め込みシュートやクロスも見せたが最後の精度を欠いた。
 
MF
15 今野泰幸 5
さすがのボール奪取力を見せ、PKを獲得した場面もあったが、ミスや軽いプレーが散見された。効果的な組み立てもできなかった。
 
7 遠藤保仁 4.5
 試合を通じて重かった印象。ボランチで先発、試合途中でトップ下にポジションを移したが、特に守備面で簡単に振り切られる軽さが目に付き、後半訪れた決定機も決めきれなかった。
 
13 阿部浩之 4.5
 守備面での貢献はあったものの、それ以上に攻撃面で物足りなかった。後半の決定機シーンで痛恨のトラップミスを犯すなど、負の印象が強く残った。
 
19 大森晃太郎 5.5
果敢な仕掛けでボックス内に侵入したが、その後の精度に問題あり。シュートかパスか、どちらも中途半端だった。
 
11 倉田 秋 5.5
攻守で広範囲に動き回り、ポジションもトップ下、ボランチ、左サイドMFに対応。強烈なシュートも放ったが、GK正面を突いた。
 

1/3ページ

最終更新:8/21(日) 16:40

SOCCER DIGEST Web