ここから本文です

【FC東京】3試合ぶりの“ウノゼロ”勝利に主将の森重真人は進歩を実感。「今日は皆が責任感を持って戦っていた」

SOCCER DIGEST Web 8/21(日) 9:00配信

「誰かに任せるんじゃなくて、みんなが思っていることをピッチで出しながら戦えた」

[J1第2ステージ9節]FC東京1-0横浜/8月20日/味スタ


 
 前節の神戸戦では4失点を喫して完敗したFC東京だったが、この試合では手堅い守備組織を構築し、3試合ぶりの完封で白星を手にした。
 
 立ち上がりは、横浜の鋭い出足に後手を踏み劣勢を強いられた。9分に、中盤で縦パスをインターセプトされた流れからマルティノスにファーストシュートを見舞われると、その5分後には、天野純にエリア内を突破されて、枠内シュートを許す。
 
 このピンチはGK秋元陽太のセーブでなんとか凌いだが、「守備で少し後手に回ったところは反省しなきゃいけない」と篠田監督が言うように、チーム全体の重心が後方に傾き、相手にリズムを乗らせてしまった部分は否めない。
 
 それでも森重真人を中心に要所を抑えると、前半終了間際に東のゴールで先制した後は、守備の強度が徐々に向上。後半も攻め込まれるシーンはあったが、最終ラインを崩された場面は「ゼロ」。前後半合わせて11本のシュートを浴びたとはいえ決定的なものはなく、守備陣が底力を見せつけて横浜をねじ伏せた。
 
 試合後、指揮官は「ボールホルダーへのファーストディフェンスが決まっていた」「クロスが入ったとしても、人を捕まえることはできていたし、危ないシーンもありましたけど、チームとして、ボランチのプレスバックも含めて守れていた」と、完封した要因を分析したが、キャプテンの森重は、別の観点からも神戸戦からの違いを分析する。
 
「今日は皆が責任感を持って、リーダーシップを持って戦っている選手がたくさんいましたし、『こうしたほうがいい、ああしたほうがいい』というのを声を出しながらできていた。誰かに任せるんじゃなくて、みんなが思っていることをピッチで出しながら戦えました」
 
 指揮官交代後、結果が伴い始めたチームにとっては、前節・神戸戦の敗戦はある意味“良薬”だったのかもしれない。不甲斐ない戦いぶりが危機感をより増長させ、チームとして一体感を生み出したとも言える。もっとも、森重は今の戦いぶりに満足しているわけでないのも確かだ。
 
「もっと改善点はありますし、しっかり守り切ったという手応えよりかは、もっとこうしたほうがよかったんじゃないかという意見のほうが、試合直後は多かった。この試合を見直して、どこをどうすれば良かったのかを見つけていきたい」
 
 この日の勝利で勝点3を積み上げたが、年間順位は前節までと変わらず12位。シーズン当初から、上位を目指して戦って来たチームにとって、今の成績は当然満足できるものではない。飽くなき向上心を持つ集団は、目の前の課題をひとつずつクリアしながら、できる限り上を目指していく。
 
 
取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)
 

【FC東京 1-0 横浜PHOTO】東が渾身の決勝弾!横浜は第2Sの無敗が8でストップ

最終更新:8/21(日) 11:47

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。