ここから本文です

【J1採点&寸評】新潟×福岡|勝利に大貢献したWシルバは『7』。五輪戦士の亀川は自サイドを突かれ…

SOCCER DIGEST Web 8/21(日) 19:00配信

新潟――ブラジル人エースが全得点に絡む活躍。

[J1第2ステージ9節]新潟3-0福岡/8月20日/デンカS
 
【チーム採点・寸評】
新潟 7
スピーディーなパス回し、攻撃から守備への切り替えの速さで福岡を圧倒。複数得点、完封の快勝で重要な3ポイントを積み上げた。
 
【新潟|選手採点】
GK
21 守田達弥 6
試合の立ち上がりにシュート、クロスを確実にキャッチ。チーム全体に落ち着きを与え、自身も集中し続けた。
 
DF
25 小泉 慶 7
スペースに走り込んでは“使われる”プレーを繰り返し、サイドアタックを活性化。攻撃は最大の防御であることを体現。
 
4 舞行龍ジェームズ 5.5
福岡の反撃を受けた後半、急に判断が鈍り、イージーミスも増えた。守備陣の不安定要因となっていた。
 
2 大野和成 6.5
カバーリングの意識が高く、ボールホルダーに強くアタックに行く持ち味も発揮。最終ラインを支えた。
 
7 コルテース 7
攻撃参加でチームに推進力を与え、ビルドアップにも積極的。縦パスで攻撃のスイッチを入れた。
 
MF
6 小林裕紀 6
ボールをそつなく循環させ、守備組織も構築。不得手な空中戦や球際の守備は、CBの好サポートを得た。
 
MAN OF THE MATCH 
10 ラファエル・シルバ 7
全得点に絡んだだけでなく、1対1の守備やプレス、味方を使うパスワークなど、チームを引っ張った。
 
37 野津田岳人 6(71分OUT)
当たりの強さをいかんなく発揮。プレスを受けてもボールを保持し、ポゼッションの基盤を作る。
 
8 レオ・シルバ 7
失敗すれば試合はおろか、シーズンの流れすら変わりかねないPKを決めた。散見されたつなぎのミスを補って余りある2得点。
 
11 指宿洋史 6.5(82分OUT)
6試合ぶりに先発すると、高さを生かしてターゲットになり、力強い突破で福岡の守備ブロックを打ち砕いた。

新潟――山崎はチャンスメイクと守備で貢献。

FW
9 山崎亮平 6.5(65分OUT)
シュートは0本に終わったが、攻撃だけでなく守備でも惜しみなく走って福岡守備陣にプレッシャーを掛け、疲弊させた。
 
交代出場
MF
13 加藤 大 5.5(71分IN)
ハイテンションの試合に入らなければならない意気込みが空回りし、カウンター招くミスが散見された。
 
18 成岡 翔 -(82分OUT)
1トップに入ると、勝ち切るために嗅覚をフルに働かせてボールを収め、プレスに走った。
 
FW
19 鈴木武蔵 6(65分IN)
走力と体の強さを生かし、福岡ゴールを脅かす。守備のタスクも労を厭わず、終盤のチームを再活性化させた。
 
監督
吉田達磨 7
前節から先発4人を入れ替えると、サイドからも中央からも福岡に圧力を掛け続け、会心の勝利。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

1/2ページ

最終更新:8/21(日) 19:02

SOCCER DIGEST Web