ここから本文です

ビリー・ジョー・アームストロングが語る、グリーン・デイの挑発的なニュー・アルバムの内幕

ローリングストーン日本版 8/21(日) 15:00配信

グリーン・デイのフロントマンが、政治色濃いアルバム『レボリューション・レディオ』と今後のツアーについて、さらには2012年発売の3部作が不発だった理由を語る。

【写真あり】ビリー・ジョー・アームストロングが語る、グリーン・デイの挑発的なニュー・アルバムの内幕

2014年、自ら運転する車でマンハッタンにやって来たビリー・ジョー・アームストロングは、大規模なデモに遭遇した。黒人のマイケル・ブラウンを射殺した白人警察官を不起訴としたミズーリ州大陪審の決定に激怒した集団が、通りを埋め尽くし何マイルにも渡って交通を麻痺させていたのだ。この様子に触発されたというビリーは、「俺は車から降りて、デモ行進に参加したんだ」と教えてくれた。「古い秩序に反抗する人たちを目の当たりにする旅だったんだ」

この経験は、混沌とした2016年の米国を歌った曲が多く収録されている、10月7日発売予定のグリーン・デイのニュー・アルバム『レボリューション・レディオ』のタイトル・トラックにインスピレーションを与えた。ニュー・アルバムは、『アメリカン・イディオット』のような政治色の濃い完全なるコンセプト・アルバムではなく、アルバムの最後を飾る甘いバラード『オーディナリー・ワールド』など、よりパーソナルな内容を歌った曲も収録されている。しかし、その多くの曲が差し迫った社会問題に触れているのも事実だ。例えば『スティル・ブレシング』は、ビリー曰く「麻薬中毒者の生活から、ギャンブラーの生活、シングル・マザー、そして兵士までの生活、それから俺たちがみんなどう結びついているか」を歌った痛烈な一曲になっている。アルバムの中で最も扇動的なナンバーは、銃乱射事件の犯人の主観を歌うファースト・シングル『バン・バン』だろう。

ビリー・ジョー・アームストロングのインタヴュー

グリーン・デイにとって『レボリューション・レディオ』は、2012年にビリーが処方薬依存でリハビリ施設に入居して以来初のアルバムである。ビリーのリハビリ施設入りは、同年にリリースされたアルバム『ウノ!』、『ドス!』、『トレ!』 に伴う数々のツアー日程の延期を余儀なくした。復活を果たしたビリーだったが、その直後、バンドにはさらなる困難が立ちはだかった。というのも2014年に、ベースのマイク・ダーントの妻ブリトニーが乳癌を患い、そのすぐ後にツアーギタリストのジェイソン・ホワイトが扁桃腺癌であることが判明したのだ。その結果『ウノ!』、『ドス!』、『トレ!』に続くアルバムの話は白紙に戻っていたが、幸いにも2015年末までにブリトニーとジェイソンの症状は落ち着き、グリーン・デイは2000年の『ウォーニング』以来初となるセルフ・プロデュース・アルバムを制作するため、カリフォルニア州オークランドにあるスタジオに入ることになったのだ。

ローリングストーン誌はビリーから、アルバム『レボリューション・レディオ』、過去数年間のバンドの苦悩、『ウノ!』、『ドス!』、『トレ!』に対する賛否両論、そして今後のワールド・ツアーについて話しを聞いた。

─4年間の活動休止でしたね。当初、これほど長く休む予定だったのですか?

自然にそうなったんだ。たまたま長く休むことになっただけ。すぐに何かを始めようっていう努力も実際にしてなくて。「よし、アルバムに取り掛かろう!」なんてこともなかった。『ウノ!』『ドス!』『トレ!』のツアーの次の日に、俺たちはただ休みを取ることにしたんだ。ほら、みんなの生活は忙しいわけで。それで急に、どこからともなく何曲か思いついたんだ。そんな感じで始まったってわけ。

─活動再開にあたって最初に取り掛かった曲は?

オークランドに作った新しいスタジオに移って、いろんなリフを試してみたんだ。俺が最初に「おっ、これは良いかも」って感じたのは、『バン・バン』。その次が、アルバムの一曲目の『サムウェア・ナウ』。デモを作ってマイクとトレに聴かせたんだ。テストだね。で、二人ともかなり気に入ってくれたんだ。

─それはいつの話ですか?

2年前さ。

─曲作りをあまりしていなかったのは、2年間ということでしょうか?

映画(『ギーザー(原題)』)に出演して、映画のために『オーディナリー・ワールド』を作ったし、ミュージカル『These Paper Bullets』の音楽も担当した。曲作りは常にしてるんだ。ノラ・ジョーンズとデュエット・アルバムも作ったね。でも今回のアルバムのアプローチは、リラックスしたものだった。成り行きに任せたって感じかな。違うプロジェクトをやって自分の力を少し試してたら、いきなり『バン・バン』へのインスピレーションが湧いたんだ。自然にね。

1/5ページ

最終更新:8/21(日) 15:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。