ここから本文です

狙いは家デート!? 男がモテるために始めた趣味TOP10

R25 8/22(月) 7:00配信

男の永遠のテーマのひとつ=「モテ」。誰しも、一度は「どうすればモテるのか」腐心したことだろう。そのための努力のすべは様々だが…例えば、趣味。下心がありつつ、何らかの趣味を始めた人は少なくないのでは? そこで今回は、20~30代の男性会社員200人に、社会人になってから「モテると思って始めた趣味」についてアンケート調査を行ってみた。

■モテると踏んで、社会人になってから始めた趣味TOP10
(1~3位まで選んでもらい、1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計。R25調べ・協力/アイリサーチ)

1位 料理 26.5%
2位 ワイン(に凝る) 21.5%
3位 コーヒー(に凝る) 19.0%
4位 日本酒(に凝る) 15.0%
5位 カメラ(写真) 9.5%
6位 ギター 8.5%
7位 ダーツ 7.0%
8位 ビリヤード 6.5%
9位 ペットを飼う 6.0%
10位 サーフィン 5.0%

“料理男子ブーム”に触発されてか、「料理」が1位に。なんと4人に1人が選んでいるとは、驚きだ。これに続いたのは、ちょっと大人な男を演出できる「ワイン」「コーヒー」「日本酒」。上位4つに食事系趣味が並んでいるところをみると「自宅での食事に招きたい!」という下心がダダ漏れな気もするが…。回答者になぜその趣味を選んだのかも聞いてみた。

【1位 料理 26.5%】
「自宅に呼んで手料理を振る舞う機会ができるので」(34歳)
「何かの集まりで、短時間でおいしいものを作って食べてもらえれば、かっこいいのではと思った。あと、お菓子を作ることができれば、これももてるのではと思った」(36歳)

【2位 ワイン(に凝る) 21.5%】
「おしゃれにみえる」(23歳)
「ワインに凝っていると大人という感じがするから」(29歳)

【3位 コーヒー(に凝る) 19.0%】
「コーヒーを飲むことで大人なステータスが感じられるから」(29歳)
「大人の渋みが出そうだから」(32歳)

【4位 日本酒(に凝る) 15.0%】
「大人の趣味だから」(27歳)
「お洒落な日本酒バーなどがあるので」(29歳)

【5位 カメラ(写真) 9.5%】
「子供じゃカメラを趣味にするのは難しいから」(27歳)
「かっこいい感じがした」(36歳)

ほとんどのコメントに共通するのは、「ワンランク上の大人の男」への意識。しかし、以前R25が20~30代男女225人を対象に取ったアンケートでは、以下のような残念な結果が…。

■実際にはモテる要因にはならない男性の趣味・特技TOP10
(17の選択肢から3つを選択。R25調べ・協力/ファストアスク)

1位 ワインに詳しい 39.1%
2位 キザな言葉で口説ける 37.3%
3位 ブランドものの服に詳しい 33.3%
4位 車の運転がうまい 21.8%
5位 料理がうまい 15.1%
6位 お酒に詳しい 14.2%
7位 ダンスがうまい 12.4%
8位 ビリヤードがうまい 12.0%
9位 カラオケがうまい 11.6%
10位 ギターが弾ける 10.2%

なんと「ワインに詳しい」「料理がうまい」「お酒に詳しい」というモテ目的で始めた趣味の上位項目が軒並みランクイン。1位の「ワインに詳しい」に対しては、「詳しいのは凄いけどきもちわるい」(22歳・女性)、「知識をひけらかしているようで鼻についたから」(27歳・女性)といった辛らつな意見が続出している…。

大人の余裕は女性を惹きつける要素のひとつだろうが、無理やりねじ込もうとすると逆効果になってしまう模様。このことをしっかり肝に銘じておくべきだろう。

(千川 武)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/23(火) 15:05

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。