ここから本文です

安藤サクラ「めいっ子との関係が変わった」 臼田あさ美「小島よしおさんのを拝借しました」

エンタメOVO 8/22(月) 16:09配信

 NHKプレミアムよるドラマ「ママゴト」の試写会が22日、東京都内で行われ、出演者の安藤サクラ、臼田あさ美、子役の小山春朋ほかが登場した。

 本作は、悲しい過去にとらわれるスナックのママ映子(安藤)と、彼女のもとに預けられたタイジ(小山)が“新たな家族”を夢見て探す、おかしくも切ない物語。

 安藤は「人が人と出会う温かさとか、別れる切なさとか、普段自分の近くにいる人を思う、または自分の近くにいなくても誰かを思うっていう大切さを、この撮影を経て改めて考えました。ドラマを見てくださる方に、笑いながらもそういう気持ちが伝わったらいいなと思います」と話した。

 「役を通じて母親の疑似体験をしたことで、母親願望が強まった?」と質問された安藤は「この作品(の撮影)が終わって、お盆にめいっ子に会ったんですけど、めいっ子と私の関係が変わったような気がしました。たぶん私に母性というものが芽生え始めたんじゃないかなと思っています」と答えた。

 一方、臼田は役柄上、中国地方の方言を使っている。「好きなせりふや方言は?」と聞かれると、「『しっかりしいや、映子』っていうせりふが好きです。でも『しっかりしいや』っていう発音が全然言えなくて、安藤さんに相談したら『しっかりピーヤだよ。しっかりピーヤって覚えればいいんだよ』って言われて、台本にもでっかく『ピーヤ!』って書きました。小島よしおさんの(ギャグ)を拝借しました」とエピソードを披露して、会場の笑いを誘った。

 ドラマは30日から毎週火曜日午後11時15分にBSプレミアムで放送。

最終更新:8/22(月) 16:09

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。