ここから本文です

堀内のカーブ、潮崎のシンカー 森祇晶氏が述懐

NEWS ポストセブン 8/22(月) 7:00配信

 対峙する打者の印象に強く残るいわゆる「決め球」や「魔球」。ではプロ野球では、誰のどのボールが一番すごかったのか。球界で長く活躍したOBたちに「歴代ナンバーワン」を挙げてもらった。

 まず、巨人のV9を名捕手として支え、監督として西武の黄金時代を指揮した森祇晶氏は、V9時代のエース2人の名前を挙げた。

「僕が実際に受けた中では、城之内邦雄(巨人ほか、1962~1974年、通算141勝)のシュートがすごかったね。キャッチャーが手を痛めるくらいの威力があった。それに、ホリ(=堀内恒夫、巨人、1966~1983年、通算203勝)のカーブも素晴らしかった。縦に曲がる、昔でいうドロップ。球速もあった」

 他チームでは、当時の下位球団のエース級投手が印象に残っているという。

「広島には“小さな大投手”と呼ばれ、多彩な変化球を操る長谷川良平さん(1950~1963年、通算197勝)がいて、特に変化の鋭いシュートにはバットを何本もへし折られた。あと、カープ史上最速といわれた大石清(1959~1970年、通算134勝)のストレートとスライダーも、球が速くて打てなかった。

 監督として使ったピッチャーだと潮崎哲也(西武、1990~2004年、通算82勝55セーブ)のシンカー。一度浮き上がってから急激にストライクゾーンへ落ちる独特な軌道で、日本シリーズで巨人を手こずらせていた」(森氏)

 故障によって選手生命の短かった投手もいる。決め球の与える印象は、投手の勝利数などと、必ずしも比例しないのだ。

※週刊ポスト2016年9月2日号

最終更新:8/22(月) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。