ここから本文です

カーテンの開け閉めを自動化してスッキリ目覚める!

R25 8/22(月) 7:00配信

朝、アラームでなんとか目を覚ましたのはいいものの、なんだか頭がスッキリしない、あるいはつい2度寝をしてしまう…。そんな寝起きの良し悪しを左右するのが「メラトニン」と呼ばれる睡眠ホルモン。身体に強い光を浴びるとメラトニンの分泌が抑えられるため、朝は太陽の光を浴びるとスッキリ起きられるのだとか。

そこで、カーテンをタイマーで自動的に開けてしまおう、という製品が『mornin’』です。本体を既存のカーテンレールに取り付ければ準備OK。設定した時刻になるとカーテンレール上をmornin’が動き、カーテンを開けてくれるという仕組み。これなら部屋に射しこんだ朝の光でスッキリと目が覚めるはず。

カーテンを開ける時刻は専用アプリで設定します。休日の朝はゆっくり寝たい…という人のために、曜日別にタイマーをセットすることも可能。平日は朝7時、休日は朝8時というように使い分けられるのは嬉しいですね。閉める時刻も設定できるので、夕方にカーテンを自動的に閉めれば防犯にも役立ちます。

様々な幅のカーテンに対応するため、カーテンレールを移動する秒数を設定することでカーテンを開ける範囲の調整が可能。移動スピードも変えられるので、ジワジワ開けたりサッと開けたり、自分好みでカーテンの開けかたを選べます。スマホからリモコン操作でカーテンを開閉することも可能です。

面倒な工事無しにカーテンの開閉を自動化できるこの製品。太陽を味方にして、朝からアクティブに行動してみては?

(井上マサキ)

『mornin’』(ロビット/価格:3985円)


(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/22(月) 11:56

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。