ここから本文です

ステージもフードも「和風」な用賀の夏フェスとは?

東京ウォーカー 8/22(月) 7:00配信

8月27日(土)と28日(日)の両日、用賀くすのき公園と用賀駅周辺にて「第12回用賀サマーフェスティバル」を開催。

【写真を見る】毎年人気のオリジナルバーガーは、今年は「和」テイストで登場

■ ファッションショーやライブも

今年は「和」と「伝統×革新」をテーマに、ファッションショーやライブを展開する。飲食ブースではオリジナルフードが販売されるなど、1日中楽しめる企画が盛りだくさんだ。

地元の写真館とのコラボ企画「お子様限定お着物ファッションショー」では、華やかな着物で着飾った子供モデルが畳を敷いたランウェイにお目見え。また、用賀にゆかりのあるアーティストによるジャズの生演奏や、フラダンスなどのパフォーマンスも見逃せない。

飲食ブースには「和」をモチーフにしたオリジナルハンバーガーが登場するほか、竹を用いて作られた「竹トンネル」の中でワインソムリエがシェイクする「用賀オリジナルカクテル」を味わえる。近隣の飲食店も多数出店し、各店自慢の料理が並ぶ。

「用賀の活性化を目的に学生が中心となって立ち上げたイベントです。今年は地域企業のバラエティに富んだ屋台も多数出店します。用賀だけでなく、全国からのご来場も大歓迎です。この夏の思い出を、用賀のフェスで締めくくってください!」(代表・池ノ辺崚)

地元ラブな人たちが開催するフェスで、用賀の魅力を発見してみては。【東京ウォーカー/和田麻里】

最終更新:8/22(月) 7:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。