ここから本文です

話題の女子専用ふんどし「ななふん」に新デザイン登場

東京ウォーカー 8/22(月) 7:30配信

「下着もお洋服みたいに着替えたい」という女子の気持ちを大切にして2001年に生まれた下着ブランド、「une nana cool(ウンナナクール)」。

【写真を見る】「ななふん」のつけ方。初心者でも簡単にできる

2008年には「下着のしめつけからの『自由と解放』」を目指した女性専用ふんどし、「ななふん」が発売に。以来、デザイン性の高い女の子専用ふんどしとして、話題を集めている「ななふん」に、新デザインが登場! 今シーズンは、「うさぎドリーム」と名付けられたファンタジーなプリント柄で、サックスとアイボリーの2色展開だ。

しめつけのない『ななふん』は、リラックスタイムはもちろん、寝るときにもおすすめ。気になる付け方も、イラストで解説しているので、ふんどし初心者の方も安心だ。「とはいえふんどしはちょっと…」という人には、脇で紐を結ぶタイプで、ゆったりとした解放感のある着け心地のふんどし型ショーツもラインナップ。また同じ柄でペアになるパジャマやブラジャーも揃っているので、合わせることもできる。

ぜひ、究極の解放感を味わってみてはいかが?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:8/22(月) 7:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。