ここから本文です

スーパーフォーミュラ第4戦は関口が盤石の勝利!

東京ウォーカー 8/22(月) 16:20配信

国内最高峰の自動車レースのひとつ、全日本スーパーフォーミュラ選手権の第4戦決勝が、8/21(日)、栃木県「ツインリンクもてぎ」で行われ、今年から参戦した関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が、見事ポール・トゥ・ウィン。自身初優勝を飾った。

【写真を見る】テレビ東京・狩野恵里アナウンサーとの結婚を発表した山本尚貴

2位はアンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)、3位に昨年のチャンピオンである石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)が表彰台に上がった。

■ 猛暑で2種類のタイヤを駆使!

この日のツインリンクもてぎは、好天に恵まれ、午後3時のレース開始時には、気温33℃、路面温度40度というコンディション。今回はミディアムとソフトという、2種類のタイヤを使用しなければならないルールが導入され、ほとんどのチームはソフトを選択した。

ポールポジションを獲得した関口は、見事なスタートを見せて1コーナーへ。先日、テレビ東京の女子アナウンサーとの結婚を発表した予選8番手の山本尚貴(TEAM 無限)は、スタートこそ決めたものの、前方のクルマに突っかかる形となり減速。その後リカバリーに失敗し、1コーナーでコースアウトした。

トップに立った関口は、1周目から2番手以下を突き放す。後半はタイヤやブレーキを労わる走りを見せるなど、余裕のレース運びで見事な初優勝を飾った。勝った関口は「予選では戦略、クルマとも最高で、ポールポジションを獲ることができました。決勝では、僕はスタートが苦手なので、まずそれだけ決めれて、絶対1コーナーだけは前に行きたいと思っていました。実際そのとおりになったし、あとはクルマがすごく速かったし、何の心配もなく、イージーに勝てました。本当にチームに感謝しています。」と語った。

レースの結果、関口はポールポジションと優勝の11ポイントを加えて、シリーズランキングでもトップに躍り出た。僅差でロッテラー、石浦、国本、山本が続いている。

■ 660台のS660がパレード!

この日は、オートバイGP2をはじめ、さまざまなレースが行われた。また会場の外では、数多くの屋台が軒を連ねたほか、メーカーによる展示や体験イベント、ステージではドライバーや解説者によるトークショーが行われ、終始賑わいを見せていた。

レースの合間には、ホンダの軽スポーツカー「S660」のオーナーズパレードが催された。全国から集まった660台のS660が、隊列を組んでサーキットを走る姿は圧巻の一言!

エアロパーツなどでカスタマイズされた車、痛車など、参加したS660は様々。しかしオーナーの顔は一様に笑顔で満ち溢れていた。

■ 次戦は岡山!混戦のチャンピオンシップに注目!

全日本スーパーフォーミュラ選手権 第5戦は、岡山県美作市の岡山国際サーキットにて、9/10(土)に公式予選/決勝 (30周)、9月11日(日)公式予選/決勝(51周)が行われる。混戦するチャンピオンシップ争いはもちろんのこと、さまざまなアクティビティが用意されているので、ぜひ訪れてみてはいかがだろうか【東京ウォーカー】

最終更新:8/23(火) 12:46

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。