ここから本文です

赤ちゃんがキャッハーとジャンプする、大人気おもちゃ

東京ウォーカー 8/22(月) 21:00配信

まだあんよはできないけど、体を動かしたい気持ちは溢れだす! 首がすわって、手でものをつかめるようになりつつある赤ちゃんは、好奇心の固まり。

【写真を見る】シートは360°回転、赤ちゃんの成長に合わせてシートの高さを3段階に調節できる

そんな時期に自分で体を動かし、室内でも安全にジャンプ遊びができるのが「レインフォレスト・ジャンパルー」。日本においては、発売以降18万台も売れているという、大人気のベビー・トイである。ご存じない方は、ぜひ動画サイトで検索を。歩く前特有のプニプニな赤ちゃんたちが、床をけってビョンビョンしている姿は、卒倒しそうな可愛さ。

8月下旬には、さらにパワーアップした「レインフォレスト・ジャンパルー2」が登場する。赤ちゃんの動きにあわせて反応する、カラフルなオモチャの数が増えているようだ。楽しい音楽は、20分間の自動演奏モードか、赤ちゃんの動きに反応するモードにセレクト可能。ぴょんぴょん楽しみながら、視覚と聴覚、手の動きなどの身体の使い方を覚え、発達を促してくれるという。

大型のオモチャは部屋が狭くなるという心配にも対応。コンパクトに畳むことができるので、収納も移動も意外なほどに楽ちんなのだ。

まだたくさんは動けないけど、興味の幅が広がってきた時期の赤ちゃんを、どうやって楽しませればいいのか悩むママもたくさん。そんなとき、ジャンパルーがあれば赤ちゃんは体を使った遊びに、ママは今の時期だけのぴょんぴょん姿に出会えるという、家族みんなの幸せな新体験が待ってるはず。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:8/22(月) 21:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。