ここから本文です

リオ五輪・男子MTBはスイスのシュルターが優勝! 山本幸平21位

CYCLE SPORTS.jp 8/22(月) 9:21配信

サガンはパンクで遅れ、完走できず

ブラジルで開催中のリオデジャネイロ・オリンピックは、8月21日の大会最終日に男子MTBクロスカントリー種目を競い、現世界チャンピオンであるスイスのニーノ・シュルターが優勝し、金メダルを獲得した。

シュルターは2008年の北京・オリンビックで銅、2012年のロンドン・オリンピックで銀を獲得していた。

この日は32カ国の49選手が参加。日本の山本幸平(トレックファクトリーレーシング)は7分06秒遅れの21位だった。

男子ロードレースを欠場してMTBに参加したロード世界チャンピオンのペーテル・サガン(ティンコフ)は、スタートしてすぐに最後尾から3番手にまで上がって会場を盛り上げたが、5.4kmでパンクに見舞われ、車輪交換で後退。結局最終周回にラップされ、完走することはできなかった。

前日に行われた女子MTBクロスカントリー種目は、スウェーデンのジェニー・リスベッズが優勝した。
 

■男子MTBクロスカントリー結果[8月21日/34.52km]
1 ニーノ・シュルター(スイス)1時間33分28秒
2 ヤロスラフ・クルハビ(チェコ)+50秒
3 カルロス・コロマ(スペイン)+1分23秒
4 マクシム・マロット(フランス)+1分33秒
5 ホナタン・ボテロ(コロンビア)+2分16秒
6 マティアス・フルッキガー(スイス)+2分24秒
7 ルーカ・ブライドット(イタリア)+2分57秒
8 ジュリアン・アブサロン(フランス)+3分15秒
9 ダビド・バレロ(スペイン)+3分32秒
10 ビクトール・コレツキー(フランス)+3分59秒
21 山本幸平(日本)+7分06秒
35 ペーテル・サガン(スロバキア)-1 LAP

■女子MTBクロスカントリー結果[8月20日/29.67km]
1 ジェニー・リスベッズ(スウェーデン)1時間30分15秒
2 マヤ・ウロシュツォウスカ(ポーランド)+37秒
3 キャサリン・ペンドレル(カナダ)+1分26秒

最終更新:8/22(月) 9:21

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。