ここから本文です

本田、セリエA初戦は出番なし。ミランが残留したエースのハットで元監督を撃破

フットボールチャンネル 8/22(月) 2:58配信

【ミラン 3-2 トリノ セリエA 第1節】

 イタリア・セリエA第1節が現地時間の21日に行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはホームでトリノと対戦した。

 ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ新監督は4-3-3の布陣を採用。両ウイングにスソとエムバイェ・ニアンを洗濯し、本田はセリエA開幕戦をベンチスタート迎える。一方、対戦相手のトリノは昨季ミランを指揮したシニシャ・ミハイロビッチ監督が率いる。

 28分、トリノがアクシデントに見舞われる。ローマより加入したFWアデム・リャイッチが負傷により交代を強いられ、トリノは攻撃のアクセントを失ってしまう。

 すると38分、ミランに先制点が生まれる。今夏、補強資金のために放出が噂され続けていたエースFWカルロス・バッカが自らの価値を証明する。右サイドをイニャツィオ・アバーテが突破すると、中央への折り返しをバッカがダイビングヘッドで押し込んだ。

 しかし、48分にトリノがFWベロッティのゴールで1-1と追いつく。それでも50分には再びバッカがゴールを決める。今度は左サイドのニアンがクロスを挙げると、これをトラップしてからボレーシュートで押し込んだ。さらにバッカは62分にはPKを沈めてハットトリック。3-1と引き離した。

 終盤90分にトリノが一点を返し、さらに終了間際にトリノがPKを獲得する。しかし、これを17歳の守護神ジャンルイジ・ドンナルンマがビッグセーブを見せて試合は3-2で終了。ミランは残留した頼れるエースの3得点でトリノに勝利した。本田は開幕戦出番なしに終わっている。

【得点者】
38分 1-0 バッカ(ミラン)
48分 1-1 ベロッティ(トリノ)
50分 2-1 バッカ(ミラン)
62分 3-1 バッカ(ミラン)
90分 3-2 バゼッリ(トリノ)

フットボールチャンネル

最終更新:8/22(月) 2:58

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。