ここから本文です

エアグルーヴの血を引く「筋肉系」 ヴァナヘイムが早くもデビュー

webスポルティーバ 8/22(月) 13:12配信

■厳選!2歳馬情報局(2016年版)

【第13回:ヴァナへイム】

 サラブレッドは生まれた瞬間に、ふたつの”役目”が求められる。ひとつは、現役の競走馬としてレースで実績を残すこと。もうひとつは、引退後に父や母となって、活躍馬を多く出すことだ。

【写真】二冠馬に輝いた、エアグルーヴの孫となるドゥラメンテ

 どちらか片方の”役目”をまっとうするだけでも簡単なことではないが、ふたつとも成功させる馬も少なからずいる。

 牝馬でその代表的な存在と言えば、「女傑」と呼ばれたエアグルーヴだ。現役時代には、1996年のGIオークス(東京・芝2400m)と、1997年のGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)を制覇。特に天皇賞・秋では、牡馬一線級を封じ込める圧巻の勝利を飾った。

 さらに彼女は引退後、母としても高い能力を発揮。GIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)を連覇したアドマイヤグルーヴや、海外GIのクイーンエリザベスC(香港・芝2000m)を制したルーラーシップらを世に送り出した。その他にも、多数の重賞勝ち馬を生み出している。

 そんなエアグルーヴからなる血筋は、今や日本を代表する一族。2015年には、アドマイヤグルーヴの子で、エアグルーヴの孫となるドゥラメンテが二冠馬に輝いた。

 そして、今年の2歳馬の中にも、エアグルーヴの血を引く素質馬がいる。まもなくデビューを迎える、ヴァナヘイム(牡2歳/父キングカメハメハ)だ。

 母は、エアグルーヴの子であるグルヴェイグ。現役時代には、2012年のGIIIマーメイドS(阪神・芝2000m)を勝っており、優秀な血筋の継承者として期待されている馬だ。ヴァナヘイムは、その初子となる。

 同馬の育成が行なわれたのは、ノーザンファーム空港牧場。担当スタッフの高見優也氏は、春の取材でこんな感触を口にしていた。

「筋肉質なタイプで、体にメリハリがありますね。すごくいい感じの体つきをしていると思います。筋肉量も豊富です。育成期間にだいぶ成長してよくなってきましたし、まだまだこれからもよくなるでしょうね」

 ヴァナへイムは、所属する角居勝彦厩舎(栗東トレセン/滋賀県)に入厩し、すでに本格的な追い切りを消化。8月28日の2歳新馬(小倉・芝1800m)で初陣を飾る予定だ。鞍上は、調教でも騎乗している浜中俊騎手が務める。

1/2ページ

最終更新:8/22(月) 13:12

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。