ここから本文です

【自転車レース】ブエルタ第2ステージは集団ゴールスプリントでミールスマンが区間初優勝!

CYCLE SPORTS.jp 8/22(月) 9:26配信

総合首位はクウィアトコウスキー

第71回ブエルタ・ア・エスパーニャ(UCIワールドツアー)は、8月21日にオウレンセ・カピタル・テルマルからバイオナまでの160.8kmで平坦区間の第2ステージを競い、ベルギーのジャンニ・ミールスマン(エティックス・クイックステップ)が集団ゴールスプリントを制してグランツール初優勝を果たした。

総合首位のマイヨ・ロホは、区間4位に入ったポーランドのミハウ・クウィアトコウスキー(チームスカイ)が、チームメートのピーター・ケンユック(チームスカイ)から引き継いだ。

区間初優勝したミールスマンは「今日は僕にとって大きな目標だった。頭の中で、本当にこのステージを計画していたんだ。去年は何度も2位や3位になってあと一歩だったから、チームも僕を信頼してくれていた。チームには感謝しているよ」と、語っている。

8月22日はマリンをスタートし、カテゴリー3のドゥンブリア、ミラドール・デ・エサロにゴールする中級山岳区間の第3ステージが行われる。ゴールのミラドール・デ・エサロは全長1.8kmの上り坂で、平均勾配は13.8%。2012年にゴールだった時は、スペインのホアキン・ロドリゲスが区間優勝した。


■第2ステージ結果[8月21日/オウレンセ・カピタル・テルマル~バイオナ/160.8km]
1 ジャンニ・ミールスマン(エティックス・クイックステップ/ベルギー)4時間16分39秒
2 ミヒャエル・シュワルツマン(ボーラ・アルゴン18/ドイツ)
3 マグヌスコルト・ニールセン(オリカ・バイクエクスチェンジ/デンマーク)
4 ミハウ・クウィアトコウスキー(チームスカイ/ポーランド)
5 ヨーナス・バンゲネクテン(IAMサイクリング/ベルギー)
6 クリスティアン・ズバラリ(ディメンションデータ/イタリア)
7 ニッコロ・ボニファツィオ(トレック・セガフレード/イタリア)
8 ホナタン・レストレポ(カチューシャ/コロンビア)
9 ジャンピエール・ドルッケール(BMC/ルクセンブルク)
10 ロレンゾ・マンザン(FDJ/フランス)
15 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)
103 別府史之(トレック・セガフレード/日本)

■第2ステージまでの総合成績
1 ミハウ・クウィアトコウスキー(チームスカイ/ポーランド)4時間47分16秒
2 ホセホアキン・ロハス(モビスター/スペイン)
3 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)
4 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)
5 サルバトーレ・プッチョ(チームスカイ/イタリア)
6 ピーター・ケンユック(チームスカイ/英国)
7 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)
8 レオポルト・ケーニック(チームスカイ/チェコ)
9 ルベン・フェルナンデス(モビスター/スペイン)
10 ホナタン・カストロビエホ(モビスター/スペイン)
13 フィリップ・ジルベール(BMC/ベルギー)+4秒
129 別府史之(トレック・セガフレード/日本)+2分19秒
157 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+3分47秒
[各賞]
■マイヨ・ベルデ:ジャンニ・ミールスマン(エティックス・クイックステップ/ベルギー)
■マイヨ・デ・ルナレス:ローラン・ピション(FDJ/フランス)
■マイヨ・ブランコ:ローラン・ピション(FDJ/フランス)
(第3ステージはブライアン・ノーロー(ディレクトエネルジー/フランス)が着用)
■チーム成績:チームスカイ(英国)


各賞
マイヨ・ロホ(個人総合リーダージャージ)...真紅
マイヨ・ベルデ(ポイント賞ジャージ)...緑
マイヨ・デ・ルナレス(山岳賞ジャージ)...白地に青い水玉
マイヨ・ブランコ(コンビネーション賞)...白
※ブエルタには新人賞の設定はない

最終更新:8/22(月) 9:26

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。